読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

終わりと始まり (朝日文庫)

終わりと始まり (朝日文庫)

終わりと始まり (朝日文庫)

作家
池澤夏樹
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-07-07
ISBN
9784022647856
amazonで購入する

終わりと始まり (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

池澤夏樹氏による時事コラム。本書に収められているのは、2009年4月4日~2013年3月5日まで。折に触れてさまざまな事柄に言及しているが、柱になりそうなのはフクシマ、ミナマタ、オキナワ。これらは、それぞれが個々の問題であることもまた確かだが、同時にその本質においては深く通底するものがある。すなわち、政府、官僚、産業界(それらの全てとまでは言わないが)による、民衆の軽視がそれである。しかも、さらに問題なのは、彼らにはそれらを担う能力が根本的に欠如していることだ。虚偽に虚偽を重ねた結果が現在の姿なのである。

2016/10/28

James Hayashi

震災前後の時事コラム。沖縄、福島、水俣など深くではないが、それらの問題が我々の生きる社会で起こっていることを考えさせられる。/中国の一人っ子政策により社会は劇的に変わる。従兄弟や従姉妹が無い。文学でもそのような家族はなくなる。/福島第一の事故では人々の生活を奪い、北方四島以上の地域を国民から奪ってしまった。/東電とチッソの責任回避。著者の深い知識と取り上げられたいくつかの本に非常に興味を覚えた。

2018/04/07

抹茶モナカ

池澤夏樹さんによる時事コラム。東日本大震災の直後のコラムでも、問題意識が的を得ていて、さすが。福島、沖縄といった社会問題を孕んだ地域への言及があり、石牟礼道子さんが水俣を描いた『苦海浄土』が底に流れているみたいだ。池澤夏樹さんの本を読んだのは初めてだけれど、知識量が凄くて、それでいてフェアなので信頼出来る人のようだった。

2016/11/07

みっちゃんorみこ

2009.4月~2013.3月までの新聞連載コラム。当然3.11を意識したもの。「歴史とは天才ではなく無数の凡人たちがおろおろと紡いでいくものだとぼくは思う」。若い評論家、宇野常寛、古市憲寿の本を読んで、「ぼくの中で曖昧だったものを整理してくれる好著」「きみたちは頭がいいなあ」と言う池澤センセ。シンボルスカの詩と、田中優子氏の解説も重みを加える。

2015/08/31

しんこい

大震災に、原発、沖縄、どうも中々学ばずに同じ間違いを繰り返す気がしてなりません。ニュースは最新の出来事をおいかけてしまうので、こういう本で時々振り返る位しなくては。原子の世界と核の世界は違うのか。

2016/04/01

感想・レビューをもっと見る