読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

砂星からの訪問者 (朝日文庫)

砂星からの訪問者 (朝日文庫)

砂星からの訪問者 (朝日文庫)

作家
小川一水
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-08-07
ISBN
9784022647894
amazonで購入する Kindle版を購入する

砂星からの訪問者 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

miroku

ダーウィン機関シリーズというか、イシヅカタビト・シリーズ第二弾。猫型宇宙人が猫っぽいのが可笑しい。で、相変わらず驚天動地の仕掛けあり。

2017/04/23

まつじん

ファーストコンタクトもので、イシヅカタビト主人公のの2作目ですね。で、またしても結論先送り的と言いますか、楽しみを先に延ばしましたね~

2015/10/24

けいちゃっぷ

いつもこの作者の本から感じられるのは「性善」と技術への信頼なのだが、今回も主人公に好き勝手にうろちょろされては疲れてしまう。 なので進行もほとんどご都合主義的。 そして今回も終盤に明かされるのは、あり得ないだろうとツッコミたくなる、とある宇宙人の秘密。 これを引きずって『天冥』の9巻に突入するのはキツイな。 356ページ

2017/05/12

FUJI燦々

出版形態が変わったけど、これはシリーズ2作目です。知らなかったらこっちを先に読んでしまったかも。タビト、ポ-シャは相変らすのほほんと取り組んでますが、結構凄いことをやってます。フィーリアンと結局は分かりあっていたわけではなかったっぽいのが良いですね。

2016/07/18

libra

興味の赴くままに猪突猛進する猫星人の行く末が人類の行く末を暗示しているように感じた。それにしても、なんとこれ続編だったのか。読んだ後にここの書き込みで知ったけど、特に違和感なく(あとで思い返せば知ってる前提の描写もあったような。。)読めたけど。前後するけど、「臨機巧緻のディープ・ブルー」を読まねば!

2016/04/15

感想・レビューをもっと見る