読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ガソリン生活 (朝日文庫)

ガソリン生活 (朝日文庫)

ガソリン生活 (朝日文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-03-07
ISBN
9784022648068
amazonで購入する

ガソリン生活 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ehirano1

エピローグが最高過ぎる!なんか涙出てきちゃったよ。

2019/07/20

やな

車に感情があったら、こんな感じなんやろな〜。最後はちょっと幸福感を味わいました(^^♪

2016/04/11

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

あらためて伊坂幸太郎さんが人気のある小説家だと痛感しました。車を主人公の語り手にしたら、なかなか読み応えのある小説には仕上がりませんし。それなのに違和感のない世界観にはビックリしました。そして、車ならではの表現にはニヤニヤしました。車だとこういう表現なのか!と感激しました。最後の最後のエピローグもほのぼのした平和な終わり方だったし、かなり大満足しました。思わず近所にある車を見回しました。一体、どんな会話しているのー!と気になりました。そして、免許を取って車に愛されたいなーと思ったりしました。

2016/04/03

nobby

静かにのどかに楽しめる作品。緑のデミオを主人公に車どおしで会話している様子がとにかく微笑ましい。その持ち主である望月家が巻き込まれる事件は軽いものではないのだが、そこをアッサリとは伊坂作品ならでは。その車目線と人間目線が噛み合わず真相に行き着くのが遅れる様子が面白い。何より言葉遊びのセンスや分かりやすくも何気なくもばら撒かれている伏線回収にニンマリ。不思議に読んでしまった500頁強。エピローグ読んでラストはホロっと♪

2016/07/15

修一郎

車を語り部にして人間社会を語るという「吾輩は猫である」スタイルのストーリーなんだけど,デミオ君の御主人様一家へ向ける視線がまぁ優しくて,普通人間風刺で「だから人間はだめだよね」的になりがちなところを,デミオ君が徹頭徹尾望月家側の立場で語っちゃうところが伊坂流だ。フレーズの面白さは相変わらず,「ワイパーが動いちゃう驚き」とか「ガルウィングドアの気分」なんてのは,巧い!と笑ってしまった。自分もめっきり車を運転しなくなって週に一回運転すればいい方だ。無精なオーナーでごめんよ。

2016/04/12

感想・レビューをもっと見る