読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンダーグラウンド・マーケット (朝日文庫)

アンダーグラウンド・マーケット (朝日文庫)

アンダーグラウンド・マーケット (朝日文庫)

作家
藤井太洋
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-07-07
ISBN
9784022648198
amazonで購入する Kindle版を購入する

アンダーグラウンド・マーケット (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

表の経済からあふれ出た大勢の若者や移民たちが暮らす近未来の東京。彼らが生きるのは仮想通貨「N円」による地下経済圏。そこで暮らす「フリービー」の木谷と鎌田が思わぬ事件に巻き込まれる。「オービタルクラウド」ほどのスケール感はないが、今回も面白く読ませてもらった。近未来の想定であるが、今すぐ起こってもおかしくない世界。数年前の「ビットコイン」事件を思い起こさせる。裏の社会だからこそ。個人の信頼と繋がりが重要という考えはなるほどなと思った。藤井太洋に外れなし。★★★★

2017/01/20

mr.lupin

近代未来 仮想通貨 難民 表社会そして裏社会。題材的にはメッチャ面白そうだったけど、大まかな流れはわかったものの、う~ん今一専門用語?が多く良く理解できずに読了。ロードバイクの疾走感だけは妙に伝わってきたかな。☆★★★★

2017/10/13

Rin

ビッグデータコネクトから2作目。今回も専門用語が飛び交う部分はちょっと難しくかったけどテーマは面白かった。またビットコインの問題がなぜあれほど大きく話題に上っていたのかも少し理解できた。仮想通貨というのは私にとっては馴染みがなく遠く感じているけど、もしかすると今後日本でも本の世界のように普及するのかも。格差が広がる世界で必死に生きる3人は個性的でビッグデータよりも読みやすかった。自分の能力を高め生き抜こうとする彼らを見ていると、知らない・わからないと言うだけでなく、少しずつでも学んでいこうと思いました。

2018/04/04

キャプテン

★★★☆☆_仮想通貨により生まれた地下都市で生きる青年達の戦い。世界観作りは天才の一言。作品としての盛り上がりに欠けるため、そこそこ楽しめる小説に落ち着いてしまっている。続くのかな?続くのであれば、次作以降に大きな盛り上がりがやってくることを祈ります!

2016/08/06

hope

★★★★ 初藤井さん。いい!想像を軽く飛び越えて面白かった。近未来の東京を舞台に、就職難民の日本の若者達は「フリービー」と呼ばれ、大勢のアジア系移民達と課税されない仮想通貨N円の地下経済圏で生きていく。トラブルに巻き込まれた主人公達が発する熱!無国籍な世界観と疾走感溢れる展開に、すっかりハマりました。好みは分かれそうですが、サブカル好きにはオススメしたい!藤井さんの他の作品も読まなくちゃ!

2016/08/01

感想・レビューをもっと見る