読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私に似た人 (朝日文庫)

私に似た人 (朝日文庫)

私に似た人 (朝日文庫)

作家
貫井徳郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-06-07
ISBN
9784022648488
amazonで購入する Kindle版を購入する

私に似た人 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

現代日本の格差社会の虚しさ…その上で「小口テロ」という、いかにも起きそうな現象を説得力ある設定で産み出している事も評価できる。10人の視点で語られる「冷たい社会」に暗澹たる気持ちになるし、自分の欠点「想像力の欠如」を指摘され恥ずかしくなった。単に重いだけでなく「真の優しさ」や「生きる意味」を共に考えようと作者が誘ってくるようでもあって、冷めた目線の向こうに強い熱を感じた。貫井さん作品群の中では、イヤミス系『愚行録』と、感動系『壁の男』の中間に位置する作風で、ミステリとしても練られているので、ファンは必読。

2017/09/22

あも

トラックで人混みに突っ込み無関係な人を道連れに死ぬという"小口テロ"が頻発する日本。ネットを介してワープア層をテロに駆り立てる"トベ"という存在、被害者ら10人の物語が語られる。一つ一つのエピソードに惹き込み読ませる力はさすが。トベの正体への仕掛けもある。が、このテロを実行・煽動する側の薄っぺらさと身勝手さに一切の共感も同情もできないため評価は低め。元カノをテロで失った男性が一番好感度高かった。テロサイドに自分と似たものを少しでも感じる事ができたなら、タイトル含めゾクリとする感覚を得られたのだろう。残念。

2019/02/02

アッシュ姉

貧困や格差を生み出した思いやりのない冷淡な社会へ抗議するため、個人によるテロが頻発する日本が舞台。無関心イコール社会悪というのは分かるが、どう考えてもテロはよくない。それぞれの思いに同調できる部分もあるものの、納得できない考えが目について私に似た人はいなかった。貫井さんが何を伝えたかったのか受け止めきれず。最終章がモヤモヤを和らげてくれたのが救い。

2020/08/31

てつ

小口テロをキーワードに、様々な人生が交錯していく連作集。ちらかっつてみえる作品が微妙にリンクしていておもしろかった。私に似た人、という題名は上手くつけたなと思う。書店で相当のスペースで平積みされていたけど、これからどんな感想が読めるのか、そんなことを考えてしまった。面白かった。

2017/06/11

にいにい

大好きな貫井徳郎さんお帰りなさい~という感じの今回の一冊。現代日本人に根ざす問題から多発する「小口テロ」、その加害者、被害者、関係者たちの視点で語られる「乱反射」の構成。トラック事故をミスリードさせ、ラストに繋げる「慟哭」の味。こんな傍観者社会になっていた。この小説がリアルに思える。特にヘイトさんの話。価値観を揺さぶられる作品。想像力の欠如、偏ったものの見方。新たな価値観か~。「普通の幸福」って? ミステリーとして大満足で、問題提起もあり、読み応え十分。ただ帯は誤解を与えてるなぁ~。

2017/07/11

感想・レビューをもっと見る