読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

朝日文庫時代小説アンソロジー『悲恋』 思慕・恋情編

朝日文庫時代小説アンソロジー『悲恋』 思慕・恋情編

朝日文庫時代小説アンソロジー『悲恋』 思慕・恋情編

作家
細谷正充
池波正太郎
南條範夫
北重人
山本周五郎
諸田玲子
澤田ふじ子
安西篤子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-07-06
ISBN
9784022648921
amazonで購入する

朝日文庫時代小説アンソロジー『悲恋』 思慕・恋情編 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けやき

悲恋を題材にした7編。安西篤子「蘇芳」、池波正太郎「寛政女武道」、北重人「恋の柳」、澤田ふじ子「うそつき 内蔵助の娘」南條範夫「行かないで!」、諸田玲子「悲恋」、山本周五郎「なんの花か薫る」。男の身勝手さばかりが目につき、男をやっているのが嫌になったw

2020/04/22

keith

男と女の業を描いた時代小説。短いのでどれもサクッと読めます。諸田さんのタイトル作がお気に入り。しかし、表紙は幽霊にしか見えんなあ。怨念がこもってそう。

2018/09/01

山内正

ちと急ぎますのでと二人に会釈を返したがもっと知りたいと眼が背中に 五兵衛の家に帰る 本家から帰った舅が一周忌も過ぎ里へ帰る潮時かと言う 帰りたくは御座いません 夫は気儘に育ち堪え性がない 体も弱く ある夕暮れ台所へ居間を 通る時に俯せの夫を起こしに肩を 下の書面に血が 既に絶命していた 兄は悪い噂がある早く帰ってこいと 先に首を括った姑が二人を疑ってた 儂の至らなさで申し訳ないと頭を下げる 姑を労り身持ちが堅く寄合いも控え 半生を過ごしたは姑夫に訝しく思ったのでは 儂もそなたの事気持ちが嫁いで直に 知った

2021/01/10

ひさか

2018年7月朝日時代小説文庫。蘇芳(安西篤子)、寛政女武道(池波正太郎)、恋の柳(北重人)、うそつき(澤田ふじ子) 、行かないで!(南條範夫) 、悲恋(諸田玲子)、なんの花か薫る(山本周五郎) の7つの短編による文庫オリジナルアンソロジー。形は違えどもいずれも恋情たっぷりの短編で、しかし、総じて、硬派な物語。よくぞ集めたと思います。楽しめました。

2018/09/30

山内正

一息と行灯油の匂いと料理の香り 鼠小僧が引廻しの話で店は賑わう 思わず外に出た新之助 半年父親の見習いが嫌で酒を飲む 伝馬町牢役人見習い 屋敷奥へ隠れて隙間から覗く 髭面の縄で括られた咎人が首を前に 父の合図で侍が刀を振り下す 地面に首が転がった 永代橋近く若い女が川に入って行く 着物を脱ぎ下帯一枚で川に飛込み 半年拷問と処刑も立ち会ってきた 仙と名かと半年知り合いに面倒を頼む 咎人の娘だと知り姿を消した 十数年し白衣に髪を束ねた女が 処刑場に これがあの盗みを働いた女か その目にいつか見た気がする

2021/07/09

感想・レビューをもっと見る