読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

メアリー・スーを殺して 幻夢コレクション (朝日文庫)

メアリー・スーを殺して 幻夢コレクション (朝日文庫)

メアリー・スーを殺して 幻夢コレクション (朝日文庫)

作家
乙一
中田永一
山白朝子
越前魔太郎
安達寛高
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-01-04
ISBN
9784022649126
amazonで購入する

メアリー・スーを殺して 幻夢コレクション (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓@勉強中

少年少女のふわっとしたところと、ピリピリするような緊張感の同居が面白い。複数の筆名を使い分ける作家は過去も多くいたが、この方はどういう狙いでやってらっしゃるのか、伺ってみたい気もする。

2019/01/20

ピロ麻呂

乙一、中田永一ほか2名の「ひとり」アンソロジー☆学園ものからミステリー、ホラーと様々なテイストのストーリーを堪能できました。一番よかったのはトランシーバーかな。

2019/01/28

紫陽花と雨

安易な言葉で表したくないのだけれど、すごく良い、どの話も全部好き!「愛すべき猿の日記」短いのに駆け抜ける爽快感パラパラ漫画を見ているかのようにとんとん進む、そうかそうすれば良かったのかと思うのは後半の「メアリー・スー」にも当てはまる。「山羊座の友人」も淡々としながらファンタジーなところにまた別話がありそうなので読んでみたい。なんだかじんとくる「宗像くんと万年筆事件」「トランシーバー」そしてホラー強めでぞくりとする「ある印刷物の話」と「エヴァ・マリー・クロス」→

2019/02/09

ココロココ

ものすごく豪華な短編集。異色ひとりアンソロジーって、そういうことだったのか。不謹慎かもしれないが、エヴァ・マリー・クロスがとても面白かった。帯にあるせつなくも美しく妖しい、その通りだ。

2019/01/20

Hugo Grove

読了。乙一と彼の他名義の短編集。わたしはこの作家の作品が好きだ。とくに乙一と山白朝子が好き。この一冊では 山羊座の友人 がお気に入り。

2019/02/04

感想・レビューをもっと見る