読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

豆大福と珈琲 (朝日文庫)

豆大福と珈琲 (朝日文庫)

豆大福と珈琲 (朝日文庫)

作家
片岡義男
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-04-05
ISBN
9784022649218
amazonで購入する Kindle版を購入する

豆大福と珈琲 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

いつも珈琲が隣にある連作短編集。「コーヒー」でも「コーフィ」でもなく「珈琲」なのが良い。地に足が付いた、大人に向けた作品。

2019/04/10

むつこ

何を勘違いしたのかエッセイ集と思って購入し、連作短編小説集なのに著者がホントは主人公なのではと「違うのに!」何度も何度も己のバカさ加減にあきれながら読了。初読した「メインテーマ」で感じたあり得そうでなかなかいないスカした登場人物たちの爽やかさが健在(そこが合わなかったのだろうな)、コーヒーとの表現ではなく珈琲としたところで気がつかないとな。(でも、和菓子とコーヒーは合うと思います)

2019/09/03

ココロココ

コーヒーではない珈琲が出てくる5つの短編集プラス1編のエッセイ。片岡義男の作品は初めて読んだように思う。物語が淡々と進むので、少し読みにくく感じた。小説よりもエッセイの方が面白いのではないか。餅とあんこが苦手な為、豆大福や鯛焼きには魅かれなかったが、胡瓜のサンドイッチは無性に食べたくなった。エッセイは、いくつか読んでみたい。

2019/04/10

S.Mori

5つの短編が収録されています。どの短編も珈琲が重要な役割を果たすのが特長です。例えば1話の「豆大福と珈琲」では、主人公が「僕は、珈琲だ」と口にする場面があります。自分の飲みたいものは「珈琲」といった訳ではなく、自分のことを「珈琲」というわけです。ここで描かれる珈琲は、登場人物たちの生活に密接に結びついており、同時に人と人を繋ぐものでもあります。そのような珈琲の役割が物語の中に自然に溶け込んで、個性的な作品が作り上げられています。

2019/08/18

おひさまリボン

口にした瞬間衝撃がはしるような食べ物に出会ったとき、ただ単に「美味しい」だけでは終わることのない「訪れ」に遭遇する。何か閃いたり、閉じていた感情が開いたりする。うんそれわかるような気がする、そんなことを思いながらの読書でした。少々硬く感じる文調に昭和の匂いが漂います。

2019/06/25

感想・レビューをもっと見る