読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

錆びた太陽 (朝日文庫)

錆びた太陽 (朝日文庫)

錆びた太陽 (朝日文庫)

作家
恩田陸
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-11-07
ISBN
9784022649393
amazonで購入する

錆びた太陽 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

相田うえお

★★★★★19109 面白かったー!21世紀の半ば、全ての原発停止を求めた過激派団体と政府との交渉決裂から、原発を次々と爆破され、国土の20%が立ち入り制限区域になってしまった未来の日本が舞台。このエリアは人型ロボットが管理しているのですが、微妙〜に『お笑い?』が入ってて『とんねるずのサンバーダード(サンダーバードのパロディー)』が思い浮かんできました。ほんのりとコメディータッチではあるのですが、奥深いメッセージ性は感じられましたよ。これ、実写,アニメ,映画,TV,問わず、是非とも映像化して欲しいなぁ〜!

2019/12/09

タカユキ

原発事故で制限区域だらけとなったの日本。その制限区域を整備する屈強なロボットの元に国から派遣された謎の女が実態調査を行っていく。核の危機と日本の財源不足を結びつけたディストピア。でも人間とロボットの信頼関係にグッとくる。そして昭和ギャグ満載なコメディにようなのに、その裏には「どうしてあなた方は『やめる』という選択肢を選ばなかったのか?」といまだに原発が稼働する現在を過ごす自分たちを風刺している。不思議だけど恐い現在進行形かも知れない物語でした。

2019/12/10

あっ!chan

再読です。太陽にほえろ七曲署のメンバーを名乗るロボットがサンダーバード2号に乗って謎の敵と闘うというふざけた(?)いやユーモラスな設定、でもそこには決して笑い事だけでは済まされない想いが(あるはず)…東日本大地震からもうすぐ9年、今でも福島第一原発周辺では汚染された廃棄物の処理が続き、帰宅困難区域の解除の目処が立たないままだ。汚染された地域に取り残された人がゾンビ、そして権力が考えている国民に秘密にしている事は…この物語に書かれている事は、形を変えて今起こっている事では…我々は「福島」を忘れてはいけない!

2019/12/14

きっしぃ

ボス、マカロニ、ジーパン、デンカ、ヤマ、ゴリ、チョー。といえば?わたしにはピンとこないけど😂原発事故が起こり制限区域の管理を行うロボットたち、そこに予定にない謎の女が訪ねてきて…。テーマは重いけど、コメディぽくもあり軽く読めた。恩田陸作品にしては、すっきりハッピーエンド。ロボット三原則によるジレンマも興味深い。財護徳子、いいキャラ!

2020/02/15

coolgang1957

これってコメディ❓パロディ❓ メインは「太陽にほえろ」みたいやけど60年台後半から70年台のTV番組を彷彿させるものが目一杯入ってて“おじさん〟にとっては懐かしいものばっかりで吹き出すこと数十回❗️シンコはヒコーキで帰ってくるかと思ったけどな😛 しかも恩田さんがこんな表現方法でエスプリを発揮してくるとは想像もしてなかった。楽しくてほろ苦い本でした。

2019/12/14

感想・レビューをもっと見る