読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

医療ミステリーアンソロジー『ドクターM』 (朝日文庫)

医療ミステリーアンソロジー『ドクターM』 (朝日文庫)

医療ミステリーアンソロジー『ドクターM』 (朝日文庫)

作家
海堂尊
久坂部羊
近藤史恵
篠田節子
知念実希人
長岡弘樹
新津きよみ
山田風太郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-07-07
ISBN
9784022649614
amazonで購入する

医療ミステリーアンソロジー『ドクターM』 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

そう言えば医療ミステリーのアンソロジーって、珍しい?私は初めてかも。8名の作家陣の顔ぶれが嬉しい。既読の作品もあったが、今回はまた楽しく?読んだ。毎日少しづつ読むはずがやっぱり夢中になって読んでしまった。

2020/07/10

タイ子

8人の作家さんたちによる医療ミステリー、アンソロジー。短編というより中編が多いかな。それぞれ作家さんたちの人気のシリーズものからが多いようで、未読な私は結構楽しめました。中でも篠田さんの近未来SFが現代の事情を皮肉ってて怖いけどニヤリ。新津さんはゾワリ感たっぷり。最後の山田風太郎さんは・・・どんでん返しに次ぐどんでん返しで最後はようわからん。医療ミステリーも見る方向が違うといろんな作品になるんですね。

2020/10/29

ゆみきーにゃ

《図書館》まさかのキリコちゃんに会えたー!それだけで読んで良かったよー。近藤さん知念さん長岡さんは既読でした。山田風太郎さん初読み。キリコちゃん再読しようかな〜

2020/10/01

hiro

バラエティに富んで読み応えのある8編の医療ミステリーアンソロジー。桜宮サーガ、キリコ、天久鷹央のシリーズの3編は既読でもちろん安定した作品だが、さらに長岡作品も短編の名手らしい作品だった。もちろん初読みとあまり読んだことのない作家の作品に期待していたが、これも予想した通りで満足した。中でも最後の謎解きで二転三転して、時代的にも横溝正史を思い出した山田風太郎作品はさすがだ。しかし、古い作品のため差別的な表現が多く、そのため読みづらかったのが残念だった。登場した作家の他の作品も読みたくなる解説も良かった。

2021/03/17

ゆみねこ

豪華なメンバー8人による医療ミステリー。近藤さん、キリコに会えて嬉しかった!篠田さん、新津さんどちらも面白い‼

2021/06/02

感想・レビューをもっと見る