読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

朝日文庫時代小説アンソロジー『いのち』

朝日文庫時代小説アンソロジー『いのち』

朝日文庫時代小説アンソロジー『いのち』

作家
朝井まかて
安住洋子
川田弥一郎
澤田瞳子
山本一力
山本周五郎
和田はつ子
末國善己
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-03-05
ISBN
9784022649874
amazonで購入する

朝日文庫時代小説アンソロジー『いのち』 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

医療ものの時代小説アンソロジー7編。それぞれに趣があって面白いが、安住洋子さん『桜の風』は、続きが気になって反則です。朝井さん、澤田さん、山本さんが好みだった。

2021/04/07

タイ子

医療時代小説アンソロジー7編。江戸の町で貧富の差なく病気と闘う貧しき医師たち。それぞれの物語が心に沁みる。初読みの川田弥一郎さんの「雪の足跡」はミステリータッチで謎解き部分も多くて面白い。山本一力さんはさすがの人情もの。今の時代にリンクするような澤田瞳子さんの「瘡守」は梅毒で人々の中傷の中、手を差し伸べる女薬師。感染症に罹ると偏見は今も昔も同じ。病気に対する無知の怖さ。それぞれの作家たちの命に向き合う心優しき作品。

2021/04/16

オレンジメイツ

江戸期の医療時代小説。この時代に病気と向き合う医師や看護師をしていた人の話は興味深く面白かった。最近お気に入りの浅井まかてさん「駄々丸」をはじめ、安住洋子さん「桜の風」の看護中間、和田はつ子さんの「よわい桃」の歯科医。どれも底本も読んでみたくなりました。

2021/03/15

アリス【月一でクリスティー】

医療に関する時代小説アンソロジー。朝井まかて・安住洋子・川田弥一郎・澤田瞳子・山本一力・山本周五郎・和田はつこの七人の名手による医療に関する名作が楽しめました。

2021/04/29

ドナルド@灯れ松明の火

時代小説から医療にかかわる話を集めたアンソロジー。あまり数多くないので、長編からの抜粋が多いようだ。そのせいで必ずしも起承転結がまとまっていないものもあった。川田弥一郎の雪の足跡は医療というより謎解きものだった。

2021/04/05

感想・レビューをもっと見る