読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

その先の道に消える (朝日文庫)

その先の道に消える (朝日文庫)

その先の道に消える (朝日文庫)

作家
中村文則
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-08-06
ISBN
9784022650023
amazonで購入する

その先の道に消える (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Junichi Yamaguchi

『恐らく、この世界に神はいない』… 麻縄と麻薬。 中村さんの描く虚無の世界。 ざわつく読書。 幸福と破滅には分かりやすい境界線があるはずなのに時として簡単に跨いでしまう。 戻ることは出来ないのにね。 変わらずに難解な中村文学。 それに触れたいと思うことは、もう麻縄に縛られていることと同義か。。

2021/09/06

ピロ麻呂

電車では読めない💦…純文学の官能ミステリー✨縄フェチ?縛る、縛られる…で快感を得る気持ちは分からないけど、とにかくその描写がエロい💦まぁ、中村文則作品は性描写、宗教、天皇制などのタブーに踏み込むものが多いからなぁ。

2021/08/20

to boy

久しぶりの中村さん。文章、言い回しは著者らしく自省や内省が多用されていて独特の感覚。でも、内容は性に振り回される人たちであったり神道やら天皇制だったりで話が大きくなり過ぎて受け止められない。初期の作品のほうが私は好きです。

2021/11/11

ちびあんすも

「緊縛師」が殺されるという単純なお話ではなく、宗教なんかが色々絡み合って複雑な話でした。中村文則さん初ですが、とにかくエロがすごくて辟易。苦手だなーと思いながらも、先が気になってほぼ一気読み。緊縛のシーンとかは美しかった。

2021/08/07

ヒロ姐さん

途中から理解できなくなって次の頁を捲ることが苦痛だったこの作者はとても好きだし特別な作品とのことだったので楽しみにしていたのだが・・・。本文最後の2行とあとがき(文庫解説にかえて)の終わり4行で辛うじて嫌いにならずに済んだ。少しリハビリが必要かも知れない。

2021/08/16

感想・レビューをもっと見る