読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

朝日文庫時代小説アンソロジー『吉原饗宴』

朝日文庫時代小説アンソロジー『吉原饗宴』

朝日文庫時代小説アンソロジー『吉原饗宴』

作家
有馬美季子
志川 節子
中島要
南原 幹雄
松井今朝子
山田風太郎
菊池 仁
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-09-07
ISBN
9784022650078
amazonで購入する

朝日文庫時代小説アンソロジー『吉原饗宴』 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けやき

吉原を舞台にした短編6作品のアンソロジー。中島要さんの「色男」が面白かった。本当の色男とはどういうものかを思った。山風の「怪異投入寺」は他の作品と雰囲気が違うが安定の面白さだった。

2021/09/25

KT1123

吉原遊郭を題材にとった6人の作家による短編小説のアンソロジー。松井今朝子さん目当てで購入したものの、実は既に収録作は別の文庫で持ってて、既読でした(^^; 巻末の山田風太郎さんの作品が、一番面白かったかも。

2021/09/26

ちょこるん

描き下ろしかと手にしたのですが、傑作選でした。なので(ん?ここで終わったら先が気になる)という作品もあり、消化不良です。中島さんの[色男]が、花魁の心内も垣間見れて面白かったかな。松井さんの[如月は初午の化かし合い]も、少し読みにくく感じた文章ではありましたが、手練手管を見せられた作品でした。

2021/10/14

安土留之

 源氏香で遊ぶ粋な花魁を描いた『あぶなげな卵』、足抜けした女郎と間夫の以外な結末(『しづめる花』)、女郎と幇間の恋(『色男』)など、粋で悲しい吉原の世界を描いた6つの短篇を収録。江戸の町にタイムスリップしたような気持ちになる、素敵なアンソロジーです。

2021/10/19

感想・レビューをもっと見る