読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

となりの脳世界 (朝日文庫)

となりの脳世界 (朝日文庫)

となりの脳世界 (朝日文庫)

作家
村田沙耶香
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-11-05
ISBN
9784022650184
amazonで購入する Kindle版を購入する

となりの脳世界 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンタマリア

村田沙耶香さんのエッセイ集。彼女の小説の種みたいなエピソードがあり楽しかった。また、読み進めるにつれ彼女はやばい人なのでは?という疑惑が膨らんでいった笑。僕の脳世界も他の人が見れば似たような感想を持つのかもなぁ。

2021/11/13

さち@毎日に感謝♪

村田さんのエッセイは何作か読んでいますが、今作も好きなものや子供の頃の事などが独特の目線で描かれていて面白かったです。自分も子供の頃、自分ではない誰かの脳の中を見てみたい、覗いてみたいと思っていたので共感出来る部分がありました。

2021/12/16

こばゆみ

村田作品をいくつか読んだ後のほうがより楽しめるであろうエッセイ集。あの不思議な世界観がどのように創り出されるのかがよく分かって面白い。そして最後の矢部太郎さんの解説漫画が、全体の総まとめ+αのようでとてもとても良かった(^^)

2022/01/05

kashiha

かわいい絵柄の表紙。村田氏のデビュー当時から発表されたエッセイが、幼少期、日常、好きなこと、などの章にまとめられている。幼少期の好きな棒はわからないが、ぬいぐるみの話は自分が考えていたことだったので驚いた。総じて面白い。特に空想東京さんぽに大笑いした。挿絵も楽しいのだが、誰のものだろう。文庫オリジナルのその後の日々のエッセイを読むと、作者がパワーアップしているなあ、と思う。山田依存症にも大笑いして、解説の矢部氏の漫画に和んで読了。

2021/12/25

りん

大好きな村田沙耶香さんのエッセイ。村田さんの脳の中をくまなく覗かせてもらいました。かわりに私の脳も覗いて欲しいなぁ。わかるわかるだったり面白かったりなんじゃそりゃ〜だったり、村田さんはやっぱり面白い。普通に笑える文章を書けるのがすごい。ニコニコじゃなくて声出して笑ったw

2022/01/13

感想・レビューをもっと見る