読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Dー双影の騎士 2―吸血鬼ハンター 10 (朝日文庫 き 18-16 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 10)

Dー双影の騎士 2―吸血鬼ハンター 10 (朝日文庫 き 18-16 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 10)

Dー双影の騎士 2―吸血鬼ハンター 10 (朝日文庫 き 18-16 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 10)

作家
菊地秀行
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022655158
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

Dー双影の騎士 2―吸血鬼ハンター 10 (朝日文庫 き 18-16 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 10) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

神太郎

Dメインのお話でした。やはり肝心の部分は語られずっていうのは歯がゆいものを感じました。どちらのDが本物か偽物かっていうのも焦点にあったんだろうけど「にせD」とか言われちゃうと「あ~、多弁なほうが偽物なんだよなぁ」とか感じちゃう。Dのもう一つの可能性の姿と考えるともしベラベラ喋りつづけるDならここまでシリーズ化はしてないと思うので寡黙でクールそれでいて優しい不器用なDが良いなと改めてDの魅力に気づかされた。

2014/12/30

お腹ボン!

本来のDは毎回冷酷と表現されてるけど、優しさが感じられとても魅力的なので冷淡な面はスルーしていた。もう一人のDはよく喋るし声をあげて笑いあのお方を「親父」と呼ぶ残酷だけど憎めない存在。神祖の無残な研究で作られた成功者は只一人という状況が背景にありDの旅に関わってると思われるけど、今回のDは改めて今迄スルーしてた部分をガッツリ認めなければならなくて、表紙の血の気のないDの顔を再度見直し、鬼気漂うDの孤独な永遠の生命がとても辛く哀しいものに感じた。「俺と俺の違いは左手さんの存在だけ」う~、胸がギュンってなる。

2015/09/19

Hugo Grove

この作品は今までのとはかなり違う。Dとは何者か。ここに迫る。タイトル通りもう一人のDが登場する。どちらもとても魅力的だ。Dのシリーズの中でもお気に入りの一作になるだろう。

2013/04/24

arianrhod

やっぱりか。そうだと思ってたよ。最近著者の迷い筆、いえミスリードがわかってきた。安易に秘密が解りそうだと喜んではいけないのだ。1巻でDの黒王子と白王子だと二人を表現しましたが、おしゃべりと無口と言ってもいいかも。いつもなら斬られ役の三下のような口をきくDというのには違和感あった。どっちもクールだとよかったのに。Dの旅は長くなりそうな予感しかしない。映像では美麗なDが2倍で行ったり来たりしているのだから眼福かもだけど、如何せん小説なので自分の脳内妄想頼りなのが苦しい。シーンによってはどっち、どっち?だった。

2019/07/23

りんふぁ

前半はもう一人のDの好感度がUPする。けど、やっぱり本物のDのほうが美しい。Dがたくさんのお話でした。

2013/10/06

感想・レビューをもっと見る