読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Dー邪王星団 1―吸血鬼ハンター 12 (朝日文庫 き 18-20 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 12)

Dー邪王星団 1―吸血鬼ハンター 12 (朝日文庫 き 18-20 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 12)

Dー邪王星団 1―吸血鬼ハンター 12 (朝日文庫 き 18-20 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 12)

作家
菊地秀行
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022655196
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

Dー邪王星団 1―吸血鬼ハンター 12 (朝日文庫 き 18-20 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 12) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sibasiba

せっかく生き残ったのにこんな最後かよ!なキャラがいたり。子供にやさしいのは元々だけど凄くサービスしてあげててDが普通に気の良い兄ちゃんみたいで笑える。

2015/01/27

ゆご

久しぶりだな。

2016/09/02

づら

段々と人間臭く見えてくるブロージュ伯爵と、ヴァンパイアらしくも人的なツンデレ振りのミランダから目が離せない(笑) なんだかんだで、子供には優しい"D"も♪ 今回の相手は(そもそもはブロージュ伯)神祖の血をひいてるかもしれない、絶対貴族のヴァルキュア伯爵…後書によると今作は、作者もノリノリで書けたらしい傑作だそうです(笑)

2011/08/01

りんふぁ

獲物を前に、とどめを刺さなかったのが意外。死に逝く人にDは優しいなぁ。キュン♪

2013/11/19

感想・レビューをもっと見る