読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

D-妖兵街道―吸血鬼ハンター 14 (朝日文庫―ソノラマセレクション (き18-25))

D-妖兵街道―吸血鬼ハンター 14 (朝日文庫―ソノラマセレクション (き18-25))

D-妖兵街道―吸血鬼ハンター 14 (朝日文庫―ソノラマセレクション (き18-25))

作家
菊地秀行
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022655240
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

D-妖兵街道―吸血鬼ハンター 14 (朝日文庫―ソノラマセレクション (き18-25)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

今回は面白かった。なんと言ってもベアトリス。髭モジャの巨漢なのにベアトリス。なまえをからかうと命取られちゃうよベアトリス。図々しいのに謙虚でもあるベアトリス。 相変わらず菊地先生の美文は読みにくいけれど、最後のシーンは暖かかった。

2020/06/05

お腹ボン!

私的には銀髪で透けるような翡翠色の眼ってイメージで読んでるんだけど、ちょくちょく出てくるんだよね 漆黒の眼(ん~む)で、髪も黒いんだよね、ま、い~けど。で、今回のお話っていうと、敵は蘇った貴族や兵士やら死人の怨念やら気やら、それと、味方のような敵の様な多重人格の強豪な死人って まぁ いつも通りの難攻不落状態。でも、たまたま出会った髭面で巨漢のベアトリスちゃんと共に行動することに依って、”D”の行動や言葉がとてもい~感じで、楽しかったです。面白かった。

2017/01/21

作楽

今回のDは美しかったなぁ。・・・月光の降り注ぐ、光にみちた回廊の人影は美しかった。あまりにもー美しすぎるのだった。・・・・って、どんだけ美しいんですか!!!!

2011/02/11

りんふぁ

恐るべし、貴族の要塞。どんだけ科学技術を発達させてるのか。左手さんも結構活躍していた。最後が温かく終わっているから、読了後にっこりしてしまった。

2013/06/16

中島直人

何故か一巻だけ抜けてた同書を古本で発見購入。初期のD作品のような震えるような感動は得られなくなってしまったのは残念だが、キャラクターの魅力に負けてついつい読んでしまう。出る限り読み続けてしまいそう。。。

2012/02/01

感想・レビューをもっと見る