読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Dー血闘譜―吸血鬼ハンター 16 (朝日文庫 き 18-27 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 16)

Dー血闘譜―吸血鬼ハンター 16 (朝日文庫 き 18-27 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 16)

Dー血闘譜―吸血鬼ハンター 16 (朝日文庫 き 18-27 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 16)

作家
菊地秀行
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022655264
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

Dー血闘譜―吸血鬼ハンター 16 (朝日文庫 き 18-27 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 16) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

作楽

Dを読んで、自分のフィールドに戻った気がしたのは初めて。(石田衣良さんの方がリアルで良さそうなのに、なぜか)辺境の空気や、何よりも無敵のDの存在に癒されました・・・。この作品で癒されるなんて・・・。しかも、チ、ハ・・・貴族が出張ってるのに。おかしな貴族で、楽しかったなぁ。今回もDはキレイでした~。もう左手なんて気にしないです。幸せでした~

2014/10/29

お腹ボン!

五千年の眠りから覚め、鋼鉄の球体から現れた貴族、チビデブハゲ気弱って斬新過ぎ~。但し、頭脳は別格、Dの誕生や今迄遭遇した貴族の厄介な物達を生み出してた存在の様。あまりにも滑稽なこの貴族に対応するDの光景を想像するのが超面白かった。にしても、またもや神祖の存在。Dは神祖に会いたかったのか?ん~・・・、結局色々あやふやで終わったのが残念。今回はあまり凄すぎる敵の登場もなく、異空間もなく、この変な貴族のお陰でとっても楽しかった。

2017/02/15

00541381

中途半端なところで終了。魅力的な新キャラが登場したので今後が楽しみですが、このキャラ手に負えるのかしらん?と思ってしまう位の壊れキャラですね。

2012/11/29

りんふぁ

変わらず美しいDに癒されました〜☆男爵も憎めないキャラでした。左手さんがいつもより文句言わなかったような…まぁそんな時もあるのかなw

2014/11/05

感想・レビューをもっと見る