読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百鬼夜行抄 4 (ソノラマコミック文庫 い 65-8)

百鬼夜行抄 4 (ソノラマコミック文庫 い 65-8)

百鬼夜行抄 4 (ソノラマコミック文庫 い 65-8)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022670465
amazonで購入する

百鬼夜行抄 4 (ソノラマコミック文庫 い 65-8) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きーみん

「考えてみれば、よの中には役に立たない物の方がはるかに多い。・・しかもそっちの方が美しく見えるのだから別にいいじゃないか」そうかもしれない。でも、普通見ないはずのものは見たくないなあ。

2010/09/25

神城冥†

おじいちゃんこと蝸牛の若い時の話でいけすかない鬼灯や、青嵐との馴れ初めを知る。おじいちゃんがやはり一番カッコいい。武志さんは可哀想だった。しかし、この漫画一話に必ず一人は死人が出ているなぁ…と思う。

2015/04/20

ミレー

入学出来ても進級出来るのかしら。司ちゃんと晶ちゃんと3人揃った話は好き。わちゃわちゃしてて。

2015/06/30

もだんたいむす

2013.09.25 読了

2013/09/25

芙蓉

座敷童のおかげで浪人生から大学生へと変化wwwした律。個人的には「人形供養」が一番怖かった。あと他に好きな作品は「待つ人々」と「不老の壺」

2013/07/30

感想・レビューをもっと見る