読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百鬼夜行抄 6 (ソノラマコミック文庫 い 65-10)

百鬼夜行抄 6 (ソノラマコミック文庫 い 65-10)

百鬼夜行抄 6 (ソノラマコミック文庫 い 65-10)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022670489
amazonで購入する

百鬼夜行抄 6 (ソノラマコミック文庫 い 65-10) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

きーみん

よくわからなかったのだけど、結局おばあちゃんが受け取った、開さんの子供と名乗って手紙寄越したのは誰(何?)だったの!?

2010/09/26

緋莢

律の母・絹の兄である開は26年前、父親の蝸牛(伶)と喧嘩して家を飛び出して以来、連絡が取れなくなっていた。その開の息子だという人物から手紙が来た。そちらでも既に連絡が途絶えて久しいという事で、開の法事を行う事になったが・・・

2013/10/04

ひなにゃんこ

★4 「隣人を見るなかれ」26年前に行方不明になった開おじさんの話。律の話だと思って読んでいたら…という展開がトリッキーで面白かった。「闇は彼方に佇み」でも開おじさんが登場。過去の出来事と繋がり、また色々と祖父のことや家族の関係性などが少しずつ明らかになっていく。登場人物が増えてきて、ストーリーにもどんどん広がりが出てくる。律も高校生から浪人を経て大学生へと成長しているので、今後も色々大きな動きがありそう。

2017/09/04

ミレー

おーうまい具合に騙された!ってなったおじさんの話とこれバッドエンドじゃなかろうかって話と。

2015/06/30

こま猫パンダ☆

本棚発掘再読。妖魔と共存する飯嶋ファミリーの、愉快でちょっぴり怖い日々を描いた傑作シリーズ。今巻は『花貝の使者』『隣人を見るなかれ』『雨降って地に流るる』『枯れ野』『闇は彼方に佇み』『マヨヒガ』『骨の果実』7編収録。『花貝の使者』命より才能か…。『隣人を見るなかれ』開登場?話。『雨降って地に流るる』櫛と獅子の置物話。『枯れ野』合コン…、律は将来彼女できるのか?『闇は彼方に佇み』現実世界に戻ってきた開話。律母と祖母のおおらかさがナイス。『マヨヒガ』盗みは悪い事ですよね。『骨の果実』送られてくる土の話。

2012/11/26

感想・レビューをもっと見る