読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百鬼夜行抄 7 (ソノラマコミック文庫 い 65-11)

百鬼夜行抄 7 (ソノラマコミック文庫 い 65-11)

百鬼夜行抄 7 (ソノラマコミック文庫 い 65-11)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022670496
amazonで購入する

百鬼夜行抄 7 (ソノラマコミック文庫 い 65-11) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちゃちゃ

この間新刊が出たのを機に,再読キャンペーン中。尾白と,尾黒の一生懸命ぶりが微笑ましいです。そして,時々出てくるおじいさんの若かりし時ときのエピソードが好き。直ぐそこにある違う世界を見てるからこそ,人間の温かさ,優しさを掌で温めるように大切にしていてくれるのだなあ・・・。

2010/08/08

緋莢

律のおば・環が開のお見合いを秘かに企画するも、相手の女性が来ずに失敗に終わる。律の言葉の意味を勘違いした尾黒と尾白が参入した事から、ややこしい事態になってしまい・・・

2013/10/05

ミレー

最後の話で司ちゃんと晶ちゃんはどれを真実と思ったのかなぁ。

2015/06/30

ゆっけ

眠いのをギリギリまで我慢して、日付がかわってもまだ、やめられない私。だから夏休みって怖いのよね。

2011/08/16

まみ♪

司ちゃんに彼氏が出来てちょっとショック。だってやっぱり律のほうがずっといいもの(律の母に1票!)

2011/04/02

感想・レビューをもっと見る