読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百鬼夜行抄 9 (ソノラマコミック文庫 い 65-13)

百鬼夜行抄 9 (ソノラマコミック文庫 い 65-13)

百鬼夜行抄 9 (ソノラマコミック文庫 い 65-13)

作家
今市子
出版社
朝日新聞出版
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022670519
amazonで購入する

百鬼夜行抄 9 (ソノラマコミック文庫 い 65-13) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

神城冥†

なんかたまにゾクッとした後味悪い話があるんだよなぁ…。

2017/03/27

ako

「番人の口笛」箱庭から出てこなくなった三郎に会いたくて死人返しをお願いする晶。恐ろしかった。「床下の賢人」妖魔と約束事をしてはいけない。住む世界が違うから価値基準も違って取引にならないからという理由に納得がいく話でした。

2016/10/26

ちゃちゃ

(再読キャンペーン中)時々出てくる,若かりし時のおじいさんの姿が素敵。弱そうに見えて,彼のような人が本当に優しくて強い人だと思います。尾白と尾黒も,ただの呑み助ではなく,長い年月を生きてきたちゃんとした魔物なのだなあとしみじみ・・・。

2010/09/22

図書館の丼

うむ、最後のお話はわりとほっこりで良かった。ところで美容院の暇つぶしにこれ持って行って読んでたら担当の人に突っ込まれてしどろもどろした。「女が一度は通る漫画家だそうです」と言って切り抜けた(切り抜けたのか?

2017/12/02

アクセプター

八名瀬君が時間軸超えて存在していると理解するのに時間がかかってしまった・・ 忘れている部分が多すぎる読み返そう・・・

2013/11/23

感想・レビューをもっと見る