読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

羽衣幻視 (朝日エアロ文庫)

羽衣幻視 (朝日エアロ文庫)

羽衣幻視 (朝日エアロ文庫)

作家
星野亮
THORES柴本
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-06-19
ISBN
9784022683113
amazonで購入する Kindle版を購入する

羽衣幻視 (朝日エアロ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりも

社会、交通機関、人々の生活や思考の管理を人工知能がする世界で、高校生の冬と幼馴染の少女遼那はある事件に巻き込まれる…な話。星野さんの久々の新作という事で購入したのですが、ぶっちゃけよく分からんまま終わってしまいました。自分の理解力が無いと言うのもあるんだろうけど、世界観の把握がちょっと難しいんですよね。設定とキャラは好きなんだけど、その魅力を感じる暇もなく終わってしまったような気がします。何度か再読したら楽しめそうなんですけどね。とりあえず次巻買うかは微妙なところ。

2015/06/22

べべっち

表紙買い。ちょっと私にはハードルが高かった(-o-;)時間をおいて再読したら理解できるかなぁ…

2015/06/26

かおる

久々に星野亮。何か神林長平風。未来的でガジェットもいろいろあるけど、リリカルで、イメージ先行な内容。1行目から違和感があったんだけど、読み進めるうちに違和感の内容がわかってきた。「音」がないと読むのつらい。

2015/09/21

かや

表紙イラストがTHORES柴本先生だったので。他の方の感想にもあったように、SFで難しかったけど、人工知能TISSの設定や世界観がおもしろかった。近未来的な世界で起こった出来事をそのまま切り取って綴った印象。もしかしたらこんな未来が起こるかも。それに、球体関節人形の4姉妹がみんな魅力的。読み終わった後にCharactersのページを見るとそれぞれの特徴的なモチーフが描かれてあったのに気づいた。やっぱりTHORES柴本先生のイラストは美しい。

2015/08/12

不以

球体関節人形とか天憂楼情報共有構造体とかわりと好きだけど、ちょっと視点変わりすぎて盛り上がりにちょっとついていけなかった。

2015/09/14

感想・レビューをもっと見る