読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

セクサロイド 1 (朝日コミック文庫 ま 30-5)

セクサロイド 1 (朝日コミック文庫 ま 30-5)

セクサロイド 1 (朝日コミック文庫 ま 30-5)

作家
松本零士
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-01-08
ISBN
9784022690159
amazonで購入する

セクサロイド 1 (朝日コミック文庫 ま 30-5) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

冬佳彰

まだ若い頃に読んだ漫画だな。お決まりと言ってはなんだが、アンドロイド(?)と分かっていても、やがて交情や未練が生まれ、って奴だ。その辺の矛盾も描いていた記憶がある。「相手はセクサロイドで結構」という世代が成立するのは、遠い未来ではない、というか、昨今のアニメ文化を見れば、すでに成立している気がする。問題は、人口減少や、経済システムの破綻、文化人類学レベルでの人間的成長(異論は色々あるだろうが)の崩壊だが、それが本邦や、ひいては人類の行先であるなら、受け入れるしかあるまい。

こひた

銀河鉄道999といい、技術の高度化がディストピアを導いてる影がさらっと配置してあるが、SFもので漫画を創作しているのに不信が底にあるルーツが知りたい。

2014/06/12

感想・レビューをもっと見る