読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨柳堂夢咄 其ノ1 (朝日コミック文庫)

雨柳堂夢咄 其ノ1 (朝日コミック文庫)

雨柳堂夢咄 其ノ1 (朝日コミック文庫)

作家
波津彬子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-06-23
ISBN
9784022690630
amazonで購入する

雨柳堂夢咄 其ノ1 (朝日コミック文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみきーにゃ

《頂き本》シリーズ一作目。コミックをすっごく久しぶりに読んだけど、時間がない時にちょうどいい!幻想的なお話が魅力的。

2020/03/15

noharra

ブックオフで手にとってどうしても気に掛かって、買った。 とてもシンプルでたくらみのないストーリーの短編集。いさぎよくて古典性を湛えている。 掛け軸の花精(花の精)の絵が、男を恋し絵から抜け出る話。どうしても抑えきれないほどの思いが、絵に宿っており、特殊能力を持つ主人公とであうことによって、その望みを遂げる、といった話が多い。 どうしても遂げられなかった思い、恨みといったものを扱いながら、どろどろのホラーにするのではなく、クールだが基本的にはハッピーエンドに持っていって、しかも不自然さを感じさせない。傑作!

2019/02/27

みや

かなり昔に読んでいたシリーズ。どこまで読んだかわからなくなり、再度購入(..;)読むのは何度目なはずなのに、読んでいて泣いてしまった。

2018/07/15

雨柳堂夢咄は昔からのお気に入りで何度目かの再読。金色の鳥と朝顔写しがとても好きです。蓮さんが好きすぎて…。

2017/04/18

りょう

何度目か忘れたけど、再読。

2016/03/13

感想・レビューをもっと見る