読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ネコを撮る (朝日新書 33)

ネコを撮る (朝日新書 33)

ネコを撮る (朝日新書 33)

作家
岩合光昭
出版社
朝日新聞社
発売日
2007-03-13
ISBN
9784022731333
amazonで購入する Kindle版を購入する

ネコを撮る (朝日新書 33) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

岩合さんの世界猫歩きが大好きで、画面から岩合さんの猫が大好きという優しい気持ちが伝わってくるからです。この本で、岩合さんが猫さんに写真を撮らせていただく。お邪魔をしない。無理な演出をしない。あくまでも猫さん次第という姿勢に共感しました。欲しい画のためには、いくらでも待つ。強制しない。あぁ、素晴らしい。もう岩合さん大好きです。アドバイスで覚えておこうと思ったのは「部屋の中の撮影では、出来るだけ背景をシンプルにする。写真は引き算」。

2019/07/21

ねむねむあくび♪

先日、岩合さんの猫の写真展を見ての、図書館で嬉しい遭遇本(^O^)♪撮影テクニックなど、難しい本かと思えば、なんのなんの。岩合さんの撮影テクニックなどを惜しげもなく書いてくれている。それを実践するほどの腕もカメラも無いので、単純に感心しながら読む。岩合さんがなんで、こんなに猫を常に撮り続けているのか、常々不思議に思っていたのが、この本を読んでようやく理解できたように思う。人間や犬との違いが、岩合さんの腕がなるんだねー(*゚∀゚*)どんな風に攻略しようかと、少年のようにワクワクしている岩合さんを知れて嬉しか

2013/09/29

ふろんた

ネコを撮るということが、単に上手に写真を撮るということではない。プロとアマチュアの差が良くわかる本。ネコにおしっこをかけられる、車に足跡をつけられることを迷惑に感じたり、対策を採ったりするのではなく、幸運の兆候と考えるのはいい受け止め方だなと思った。

2015/04/07

じゅき

勉強になるなぁ~あっそういうことカメラをかまえるとあるあるぅってこと多数。ネコ写真もたくさんで癒されますっ(*^^*)

2014/06/26

たまきら

猫飼いだからこそ、この動物の写真を撮るむずかしさや面白さをまがりなりとも知っているつもりですが、この写真家はもう、「なんで!?」の連続。あの有名な「撮影中に子猫がのぼってくる(Youtubeで見られます)」とか、なんで?この本で謎が解けるのかとワクワクしたのですが、そうもいかなかったのは残念。彼のまとっている何かなのかなあ。

2019/12/26

感想・レビューをもっと見る