読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

脳によく効く栄養学―ボケたくなければ肉を食え (朝日新書 40)

脳によく効く栄養学―ボケたくなければ肉を食え (朝日新書 40)

脳によく効く栄養学―ボケたくなければ肉を食え (朝日新書 40)

作家
高田明和
出版社
朝日新聞社
発売日
2007-04-13
ISBN
9784022731401
amazonで購入する Kindle版を購入する

脳によく効く栄養学―ボケたくなければ肉を食え (朝日新書 40) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

だい

1450gしかないけれど、摂取する全カロリーの24%を消費する脳。脳はブドウ糖だけしかエネルギー源として使えないため、砂糖を摂取したいという本能を持つ。食べ物や人の感情までも支配する脳。一寸のぬかりもない精巧にできた人体にはいつも驚かされるが、その中でも驚くべき脳の正体。すごいぞ、脳!

2018/03/26

Humbaba

科学というのは日々発展していく.そのため,昨日まで言われていたことが今日にも真実で在り続けるわけではない.ダイエットをするのもよいが,それはあくまでも身体に被害が及ばない範囲で行うべきである.

2011/01/14

Humbaba

人から美しく,あるいはかっこよく見られたいという欲求のためか,ダイエットが流行っている.ダイエットを行うときには様々なものを調べるだろうが,その中には危険なものも少なからずある.自然から反した方でのダイエットは非常に危険である可能性が高い.

2011/10/08

mallowlabs

内容は難しい。でも食からのうつ防止は非常に参考になる。「砂糖と肉を食え」

2008/03/08

感想・レビューをもっと見る