読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

公明党vs.創価学会 (朝日新書53)

公明党vs.創価学会 (朝日新書53)

公明党vs.創価学会 (朝日新書53)

作家
島田裕巳
出版社
朝日新聞社
発売日
2007-06-13
ISBN
9784022731531
amazonで購入する Kindle版を購入する

公明党vs.創価学会 (朝日新書53) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コウメ

前回読んだ島田裕巳氏の内容とほとんど同じ。違う所は後半の公明党の変化について語っている。

2019/10/23

ふろんた

公明党=創価学会というイメージしかもっていなかったが、必ずしもイコールの関係ではないことがわかる。だからと言ってvsでもなかったけど。インターネットで調べても、書いた人の主張に偏りがあり、先入観を持ってしまうので、客観的に記されている本書は良かった。ネットで調べればわかる時代でも、本を読むことの良さを認識できる良書。

2013/01/31

あらあらら

そうか、そうか。いまや、自民党にまとわりつくコバンザメも自民党の数におされて存在感薄いし、選挙に利用されてるだけじゃん。そうか。

2014/11/12

さえきかずひこ

地方から都市に出てきた貧しい人々が「体質としては保守でも、境遇としては反体制的」な「二重性」を持ちつつ、創価学会員(公明党支持者)となり、地方にいたままであれば自民党支持者であったとする筆者の政治学的な分析が興味深い。創価学会と公明党というふたつの組織が生みだす独特のダイナミズムが、かつての勢いを失った自民党の選挙政策に食い込んでおり、今後も一定の存在感を保っていくであろう事を確信させる一冊。社会学的なアプローチの同著『創価学会』(新潮新書)との併読がオススメ。

2009/08/04

そうたそ@吉

★★★☆☆ 公明党や創価学会について政教分離だのなんだのという批判本はもう飽和状態だ。確かに個人的にも両者について批判的に感じる部分はある。だが、別にそれについて喧嘩腰で論じた本を望んでいるわけでもないし、そういった問題については承知の上だ。本書のように客観的に淡々とした、記述で両者についてまとめてくれる本を望んでいた。創価学会については同じ著者の別の作品で読んで知っていたが、公明党についてははじめて知ることも多々。神崎武法の時の公明党は印象よかった。いずれにしろ、両者は異体異心だという著者の言葉に納得。

2012/08/22

感想・レビューをもっと見る