読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新聞で学力を伸ばす 切り取る、書く、話す (朝日新書)

新聞で学力を伸ばす 切り取る、書く、話す (朝日新書)

新聞で学力を伸ばす 切り取る、書く、話す (朝日新書)

作家
齋藤孝
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-08-10
ISBN
9784022733498
amazonで購入する Kindle版を購入する

新聞で学力を伸ばす 切り取る、書く、話す (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よーすー

世界で求められる3つのコミュニケーション力「賛成反対をはっきりさせて意見を明確に言う力」「自己主張をしっかりする力」「わかりやすく人を引きつけるプレゼンテーション力」を事実を眈々と述べる新聞から得ようという考え方。これを読んでからスクラップノートをとりあえず作りました。新聞記事に対して「メインメッセージ」「補足情報」「影響や意義など」を読み取り、記録します。当面の目標はこの1冊を書き切ることです。30秒プレゼンテーションは家族か部屋のスヌーピーのぬいぐるみに向かってやろうかなと思います笑

2014/06/16

カッパ

新聞をスクラップし、メインメッセージをとらえ、それを補足して内容をとらえる。自分なりの記事を選んだ理由とどう思ったのかを書き加える。さらにそれをプレゼンすることを勧めている。私がやってみたいことの一つである。なんかぼっーといきているので。狭い範囲をひたすら深く掘るタイプの興味の持ち方をする人が増えているというのはまさに私のことだ。それを脱したいものだ。

2018/06/16

ユーさん

「新聞」=「実用日本語力」。現代を生き抜いて行くには、国語ではダメなのですね。正に「考える力」が試されています。それを身に着ける為に、新聞を有効活用すべき。学生向けにタイトルかも知れませんが、社会人にも充分、通用します。

2020/06/03

愛奈 穂佳(あいだ ほのか)

【心の琴線に触れた言葉】メディアリテラシーにおいても同じで、まずは紙の新聞というスローなメディアに触れ、スローなテンポで読んだり、考えたり、論理的にとらえるといった技をしっかり身につけて、メディアリテラシーの基礎を学んでから、電子メディアを利用し始めるべきなのです。新聞の記事を日々読む。そんな一見地味なやり方が頭の働きをよくする。地アタマ力をつけるにはもっとも適した方法だと考えます。

2013/11/20

和草(にこぐさ)

息子の国語力をあげる為に読みました。新聞は情報操作、記者の思いが書かれいるが、ネットだと自分の気になったニュースしか取り入れないが、新聞は自分の気になったニュース以外も目に入る。それにより世界が広がる。小説ではない手法で記事が書かれているので、論文やプレゼンテーションにも必須である。毎日読み込ませ受験に役立てたい!

2013/06/13

感想・レビューをもっと見る