読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

池上彰の政治の学校 (朝日新書)

池上彰の政治の学校 (朝日新書)

池上彰の政治の学校 (朝日新書)

作家
池上彰
出版社
朝日新聞出版
発売日
2012-09-13
ISBN
9784022734648
amazonで購入する

池上彰の政治の学校 (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みゃーこ

日本は今閉塞感に満ちているがそれは政治への絶望感からきているという。しかし政治を批判する前に自らが政治の基本を知っておかなければならない。極端なポピュリズムに堕することなく真の民主主義を土壌から育てていくための勉強を政治家だけに任せるだけでなく政治家を作り育てることができる成熟した有権者、国民を目指していかなければならない。橋下市長と小泉の共通点に見られる国民の中にある「青い鳥」を求めるだけの幼稚な依存体質はやめていきたいと思った。池上さん最高や。

2013/03/14

ふうらいぼう

国会、政党、選挙、官僚制等の政治に関する基本的な事柄を池上さんらしいわかりやすい語り口で説明してくれています。今まで知らなかった事もあったりしてとても為になりました。アメリカの高校では授業で「模擬投票」をやっているところもあるらしいです。政治への関心を高める為にも日本でもやってみてもいいかもしれませんね。

2015/11/18

Emperor

あーだこーだって政治を批判する前に、政治をもっと勉強しないと。そんな思いで手にとった一冊。さすがぼくたちの池上彰さん、すごく分かりやすかった。たぶん中学生からでも読めるし納得できると思います。

2016/11/21

佐島楓

選挙改革の必要性、政治家志望者を鍛えること、外国の政治との対比など、相変わらず本筋から少し外れたところも含めわかりやすい。政治家任せにしない政治が理想ですね。私もできる限りこれまでのように選挙に行こうと思う。

2012/10/25

kinkin

人ごとのように普段思っている政治。実はこの政治で自分達の暮らしがコントロールされていることを意識すべきだと思う。政治家は恐らく一般の国民が政治に関心をもつことを一番恐れているのではないかと思う。したい放題の政治家たち負けないようにしたい。

2013/10/18

感想・レビューをもっと見る