読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

江戸の幽明──東京境界めぐり (朝日新書)

江戸の幽明──東京境界めぐり (朝日新書)

江戸の幽明──東京境界めぐり (朝日新書)

作家
荒俣宏
出版社
朝日新聞出版
発売日
2014-11-13
ISBN
9784022735881
amazonで購入する Kindle版を購入する

江戸の幽明──東京境界めぐり (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

紀行文は楽しい。それが著者のホームグラウンドなら尚更。というわけで東京人による東京散歩。主な紀行場所は江戸の朱引の外、いわば江戸時代の辺境を歩くというコンセプトだが、自分の様は非東京人にとってはどこも完全に日本の中心部であるというイメージ。土地勘がほぼ零なため、地名を出されてもピンとこないが、舞台となっているどの場所にもゲニウス・ロキ的な土地の記憶みたいなものが読みながらも垣間見える。面白かったのは平井呈一を考証した部分と哲学堂等の公園、庭園を説いた部分。あー、また東京行きたくなってきてしまった。

2015/03/01

夜の女王

江戸の中心日本橋の老舗レポートから始まり、朱引線の際(ほぼ23区周辺部)の土地に纏わるあれこれを語って、失われつつある江戸東京を語った本。『幽明』とはこういうことだろうか?の割には、文中に荒俣氏らしい妖しい雰囲気は感じない。知ってるウンチクも多くて文章も面倒臭いが、お気に入りの三光稲荷が江戸時代の稲荷番付で西前頭だったとか、荒俣氏の文の師匠が上野うさぎ屋の兄弟だったとか、さらに荷風と悶着があったとか、知らないエピソードは興味深かった。中野の哲学堂の章では一際筆に力が入ってるような…気のせいでは無いだろう。

2020/06/13

猫丸

著者あとがきより「おそらく本書をもって、私の故郷東京の探訪記は書き納めということになるかと思う」。荒俣さんも72歳。早晩妖怪にならんとする自覚が垣間見られ、寂しい気持ちになる。著述家としての店仕舞いを考える年齢か。荒俣さんの研究が集大成された著を読むまでは僕も生きていたい。さて本書は東京周縁部がターゲットだ。荒俣さんの年少時代の追憶とともに、朱引の境界領域を巡る。経済・行政の中核から離れた地は将軍家の狩場、富豪の庭園、庶民のテーマパークなど、さまざまな顔を見せる。

2020/04/20

たくのみ

どこまでが江戸だったのかの境目「朱引」。荒俣さん歩くと、江戸と武蔵野のボーダーラインを巡る旅なのに、現世とあの世、人間界と異界を結ぶトンネルが見えてくるのだ。とくに、生まれ育った板橋、大山、練馬を旅するところが読みどころ。大谷口の給水塔、石神井城のあった三宝寺池、軍事施設だった加賀公園、「遊泉園」というプールがあった中板橋、日本のリッチモンドヒルという飛鳥山、ジャンクル大帝を買った大山商店街。そんな歴史があったのか!元地元民の私は、嬉しい限りです。

2015/07/10

月世界旅行したい

文字通り集大成。

2015/08/04

感想・レビューをもっと見る