読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

思い立ったが絶景 世界168名所を旅してわかったリアルベスト (朝日新書)

思い立ったが絶景 世界168名所を旅してわかったリアルベスト (朝日新書)

思い立ったが絶景 世界168名所を旅してわかったリアルベスト (朝日新書)

作家
吉田友和
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-03-11
ISBN
9784022736550
amazonで購入する Kindle版を購入する

思い立ったが絶景 世界168名所を旅してわかったリアルベスト (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Keizy-soze

【思い立ったが絶景 世界168名所を旅してわかったリアルベスト】 3月16日読了。 2016年30冊目。 ‪#‎2016本めも 旅の本が氾濫している昨今。 その「絶景本」23冊を分析し、データ上でどこが一番ブームな場所なのかを分析した後、後半は自分の実際に旅した中でのベスト20を紹介。 最後に弾丸旅行で中国の九寨溝を目指して旅する工程を ドキュメンタリー形式で解説。 特に目新しいことはないが、 旅本をまとめた旅本という切り口は面白かった。 昔ブームだったマチュピチュははるか下。 今やこぞっ

2016/03/17

Koki Miyachi

絶景というキーワードで書かれた旅行指南書。執筆時点でタイトルに「絶景」が含まれる絶景本23冊の分析から始まる。それを踏まえ筆者ならではの5つの視点①景色の美しさ②文化的な面白さ③人のやさしさ④行きにくさ⑤非日常感の強さで独自にランキング。実際に行ってみての印象重視で20カ所の絶景をランキング順で紹介。後半は絶景旅行を計画して、中国黄龍と九寨溝を訪ねる顛末記になっている。ありふれた旅行ガイドとは一線を画した、筆者の視点が明確に感じられる面白い絶景紹介本である。

2018/04/27

ガーコ

☆☆

2016/08/07

kirara

★★★☆☆筆者が自分で足を運び撮った写真を載せることにこだわりをもっているからか、写真の素人っぽさが良くも悪くも出てしまってて、絶景本としては弱い。ただ、色々な絶景スポット情報が載ってるので、今後の参考にするには良い。

2016/06/11

みみりん

勝手に絶景ランキングにあげられている場所は自分にはほとんど行かれないと思った。公共の交通手段がないところは、自分の年齢を考えるとツアーでないと行かれない。後半の中国黄龍を訪れる話はおもしろかった。自分も海外旅行は一から計画して訪れるので、共感できる部分、参考になる部分が多くある。

2018/01/12

感想・レビューをもっと見る