読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書)

作家
森博嗣
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-01-13
ISBN
9784022737014
amazonで購入する Kindle版を購入する

夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゼロ

夢の叶え方を知っていますか?と表題なだけに、どんな方法論が書いているのかと読んでいると裏切られます。まず、夢ってなんだ?という定義付けから始まり、次にそもそもあなたの夢と思っていることは夢じゃなく、目標だよね?と、一般人の夢を独自の視点で切り捨てていきます。例えば長生きしたいや独立したいなどは、それをしてどうするの?と問い詰めていきます。そして、夢とは写真のように一瞬ではなく、継続して設計されるような映画のようなものというのが面白かった。私は、まだまだ夢に夢見てるたげなようなので、実現のために計画を練ろう

2017/02/09

emi

ものすごく心にしみた一冊。夢の定義もそうですが、ただただ頷き、今までの自分を恥じ入ることしきりでした。もう詳細はどうぞ本書をお読みくださいなのですけれど、自分の中でとても納得いき、方向が見えたのでうれしいです。今、子どもの頃憧れた大人になれてないなぁと自分のことを心底思うし、子どもの頃の自分に申し訳ないなぁと思う日々ですが、ひとつずつ叶えていこう!となんだか力が湧いてきました。自分の中から生まれる楽しさを追い求めていく。誰でもできると思いますし、そんな幸せな時間ってないですね。

2017/02/19

パフちゃん@かのん変更

森博嗣氏、やっぱり天才だ。夢は自分の庭に小さな鉄道を建設することだった。大学の教官も作家としての成功も夢見ていたことではなかった。夢のための資金が不足するため、バイトとして本を書き、一作書けば数十万円になるだろうと思った。処女作が『すべてがFになる』で出版社の人が来た時にはもう3作目にとりかかっていた。1年目に1000万円振り込まれ、5年後には年収1億を超えた。でもそれは夢のための資金稼ぎだ。今は大学もやめ、作家も引退宣言し、一日一時間以内の執筆量で夢の実現に専念している。鉄道建設!重労働だ。

2017/12/27

Y2K☮

他人の目に囚われず夢の詳細を突き詰める。やはり小説家という職業に就き、それで生計を立てたい。他の仕事は夢を追い続ける為の手段。金持ちや有名になりたいという欲は皆無。細かく計画し、余裕を持って日々少しずつ作る。キリが悪い所で翌日へ。現実に合わせて目標を修正。健康管理。敏感であれ。夢は静止画ではなく動画で見る=叶う瞬間だけでなく、その後まで考えて準備。ストックは既にあり、色々読んで勉強もしてる。飽きない様にマルチタスク。楽しくなければ夢ではない。楽しく生きれば優しくなれる。皆がそうなれば社会全体が優しくなる。

2017/01/14

Y2K☮

考え方がこの半年間でかなり変わったので再読。今までの夢は一社会人としてどうにか生き延びる為に必要なもので、ある意味現実逃避でもあった。でも叶うかどうかではなくとりあえずの夢を定め、それに向かって生きようと決めたおかげで世間の傲慢や理不尽に耐えられたし色々楽しめた。学べた。視野も広がった。夢を抱いて良かった。その夢は役割を終え、今は形が少し変わった。挫折が実は挫折ではなく本心を己に悟らせる為に必要なものだった。そういうケースも人にはある。とりあえず新しい夢はこっそり追求する。逃げではない現実と共にある夢を。

2017/10/02

感想・レビューをもっと見る