読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

カラー新版 ネコを撮る (朝日新書)

カラー新版 ネコを撮る (朝日新書)

カラー新版 ネコを撮る (朝日新書)

作家
岩合光昭
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-05-11
ISBN
9784022737717
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

岩合光昭さんのねこ写真の原点、ロングセラー『ネコを撮る』をオールカラーに。モデルねこの探し方、機嫌の取り方、決定的瞬間のシャッターチャンス……。岩合さんのねこ写真の秘密に迫る。傑作をオールカラーで楽しめる待望の新版で、新作も一部所収する。

カラー新版 ネコを撮る (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

岩合光昭は、新作中心に観ている写真家です。多くのネコの写真が楽しめ、ネコの撮影の基本が学べる本です。そうは言っても、実際の写真を撮るのは難しいと思いますが・・・イタリアで野良猫が自由猫と呼ばれているのは、好いにゃあ(=^・・^=)大山猫とは言え、パンダの頁は余計な気がします。

2018/06/23

親書でも岩合さん!親書の方がボリュームがあるような気がしました。岩合さんは警戒心の強い野良猫の警戒心をとく上に普段そんなポージングしないのではと思われるぐらい可愛い猫の一面を撮影するので本当に凄いです。日本の猫は良いなぁ。私も野良と仲良くなれるようになりたいです。

2019/03/03

りー

NHKの“世界猫歩き”で岩合さんが猫に語りかける「いい子だねぇ。」というあの声にニャーンと返事をしたくなったことがあるのは私だけでは無いはず。心構えから構図、背景の処理、光線の捉え方、撮影チャンスが多い時間帯など、どんなことに気をつけて撮っていらっしゃるか、書かれています。猫も人間も、時間と距離感て大事よね、と思いました。いきなりカメラを向けたら猫でなくともシャー!(#`皿´)となるのは当たり前。挨拶をし、褒めながら少しずつお近づきになる。“猫格”が画から伝わるのはそれを尊重しているからなんだニャー。

2019/05/26

Eriko M

岩合さんの猫と写真に対する哲学が詰まっているエッセイ。挿入されている写真に付いているコメントも普段の写真集とは一味違い、撮る際にこだわられた構図など。 本当に猫が大好きで、その素晴らしさを伝えるためにこだわられているんだなってことがよく分かる。岩合さんの写真には、岩合さんが撮られたんだろうなっていうことがすぐ分かる何かがあるのだけど、それが何かがちょっと伺えるような一冊でした。 ★★★★☆

2018/11/24

council

ネコ撮影の第一人者の語ることなので説得力がある。ネコ写真の撮り方というよりネコとの折り合いの付け方指南。

2018/07/08

感想・レビューをもっと見る