読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

50歳からの孤独入門 (朝日新書)

50歳からの孤独入門 (朝日新書)

50歳からの孤独入門 (朝日新書)

作家
齋藤孝
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-09-13
ISBN
9784022737779
amazonで購入する Kindle版を購入する

「50歳からの孤独入門 (朝日新書)」のおすすめレビュー

孤独や寂しさと上手に付き合うなら、「退屈」と仲良くなろう。その方法は――

『50歳からの孤独入門』(齋藤孝/朝日新聞出版)

 人生100歳時代といわれる。昔は40歳で初老といわれていたが、現代では50歳でも、まだ人生の折り返し地点だ。人はいずれ年をとるが、50歳からの「人生後半戦」は、どのようにすれば充実させられるのだろうか。

 終わりよければすべてよしという言葉がある。人生後半戦が有意義であれば、最期に人生を振り返ったとき、満足して逝くことができそうだ。50歳からの人生を充実させるためのテーマ。それはズバリ「孤独」であると、『50歳からの孤独入門』(齋藤孝/朝日新聞出版)は綴る。

■孤独になってアイデンティティの危機に陥ってしまったら…

 子どもが親元を離れ、両親を看取り、もしかしたら熟年離婚を選択することになるかもしれない。早ければ会社を早期退職、または役職定年となり、同僚や部下が離れていく。友人の死があるかもしれない。本書は、そんな「孤独」の中で、50歳以降は生と死の折り合い、つまり最期は自分ひとりで死んでいかなければならないという覚悟を養う必要性に言及している。

 孤独と上手く付き合うには、まず「自分らしさ」を見つめ直…

2019/3/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

50歳からの孤独入門 (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mura_体調快復^^

50歳を控え、読んでみたくなる。50歳は会社でも曲がり角。公私ともに孤独になる。そんな自分自身への心の置き方が書かれています。どれに合うかは人それぞれなのでしょう。私はやはり好きなことに没頭していきたいなあ、いつまでも体も動かしたいし、きちんとして偽らずに。孤独には読書も良いと色々な本が出てきます。良寛も出ました。死の恐怖との心の置き方も。まだまだ気持ちは30代(サバ読みすぎ)!もうちょっとしたら必要になるかもね。

2018/11/30

バニラン

(虚しさにつけるクスリを処方します) 帯の文章に心を掴まれた 人生の通知表を受け取る50歳、存在認証を求めない、嫉妬は最大の悪徳、戻れる拠り所を持つ、人を羨むのは損だと知る…etc 40代の出世競争も終わり、話しと言えば(健康)と(介護)の事ばかりの50代、思い出に浸る事、好きなことを突き詰める事、時間をかけて人生を楽しむこと、著者の考え方、生き方に共感できた。

2019/06/06

HMax

50にして天命を知る。50歳になったら生物的人気は残っていない。生物としての存在価値があるのか?本川達夫先生、武田邦彦先生も同じようなことを言ってましたが、50歳を超えると動物としては終わりなので、社会貢献に励むということでしょうか。

2019/11/30

たか

いろんな例がわかやすい。NO✖︎✖︎ NO LIFE これ面白い、✖︎✖︎の部分になにを入れるかは人それぞれか。面白かった。

2020/07/20

akane_beach

高校の同窓会の総会の記念講演で著者にお話をしてもらいました。その後たまたま図書館で名前を目にして、丁度タイムリーなタイトルだったし読んでみました。目次の大見出しだけを眺めても興味を引きます。人生後半戦の心のあり方。10代、20代〜40代までの生き方や、信じて突き進んでいたことが50代になるとあれっ?と空回りし出す。この著者ですから笑えるところもありますが、真面目に説得力のある内容が多いです。また知識の量に改めて凄さを感じました。本書は個人的に、同窓会の打ち上げでも紹介したし、身近な人にもお勧めしてます。

2019/10/20

感想・レビューをもっと見る