読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キマイラ 3 菩薩変・如来変 (ソノラマノベルス)

キマイラ 3 菩薩変・如来変 (ソノラマノベルス)

キマイラ 3 菩薩変・如来変 (ソノラマノベルス)

作家
夢枕獏
寺田克也
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-07-18
ISBN
9784022738332
amazonで購入する Kindle版を購入する

キマイラ 3 菩薩変・如来変 (ソノラマノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

『キマイラ』は、青春小説でもあるが、純文学の持つ蒼さも漂わせている。それは夢枕獏が、かなり意図して導入している。例えば、路上生活者で詩人の岩さんを登場させていることでも、あきらかだ。作中で夢枕は、岩さんの作る詩をしっかりと披露してみせる。それだけに収まらず、岩村賢治名義で実際に詩集を刊行させてしまうのだ。岩村賢治の名の由来は、むろん宮沢賢治から来ているのだろう。エンタメと純文学の融合という試みはのちに、宮沢賢治が主要人物として登場する傑作SF小説『上弦の月を喰べる獅子』において、結実する。

2014/12/03

ほしけも

菊池と宇奈月典善の師弟関係が始まりました。どちらかがどちらかを殺すことになるだろうという雰囲気がバリバリ伝わりますね。この作品には師弟が多いですな。

2014/10/15

シナモン

ますます凶暴になる菊池。復活の兆しをみせる龍王院。キマイラ化の進む大鳳。そして、雲斎は鬼骨を見た。人の中に眠るキマイラ化の謎に触れはじめて、ますます物語は面白くなってきた。ラストシーンもカッコいい。もうそろそろ主人公なんだし、大鳳には活躍して欲しいところです。

2012/05/19

ひびキング

キャラクターも増えていってるんだけど肝心な物語は五右衛門じゃないけど「まだ動かん」 それは置いておいて、暴力の魅力にまさに魅せられる。

2018/04/11

やまだ

キマイラの正体に少し近づく新書版三巻。九十九中心の物語はここで一段落か。その分菊地と典善が異様な存在感を出し始める。前巻でジュブナイル色が薄くなったと思ったらオッサンだらけの一冊になっていた。表紙はきれい所二人なのにこの仕打ち。もちろんオッサン連中もかっこいいんですけどね。ただここに来て少し展開のテンポが悪くなってきたのが気になるか。

2013/07/09

感想・レビューをもっと見る