読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キマイラ 4 涅槃変・鳳凰変 (ソノラマノベルス)

キマイラ 4 涅槃変・鳳凰変 (ソノラマノベルス)

キマイラ 4 涅槃変・鳳凰変 (ソノラマノベルス)

作家
夢枕獏
寺田克也
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-08-20
ISBN
9784022738349
amazonで購入する Kindle版を購入する

キマイラ 4 涅槃変・鳳凰変 (ソノラマノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

「涅槃変」と「鳳凰変」を収録したソノラマノベルズ版『キマイラ』4巻。久しぶりの再読となったが、おもしろさは初読みのときとまるで変わらない。いわゆるジュニア向け小説として書き始められた『キマイラ』は、この手のジャンルにはめずらしく、詩情に貫かれる物語となっている。そんな詩情を象徴するキャラクターが、岩村賢治だ。宮沢賢治を連想させる名を持つ彼は、詩を書く路上生活者だ。「鳳凰変」の各章の冒頭には、岩村の詩が配置されている。その詩は、物語と乖離するわけではなく、反発することもなく、見事に溶け合っている。(つづく)

2017/01/26

ほしけも

菊池がでてくると「おッ」ってなりますね。 成長著しく他のキャラを喰ってしまう勢い。 自由人の岩さんたちのナイーブさが 殺伐としてしまいがちな世界観のバランスをとってるなあ。 ひろしがボックをボッコボコにしてくれるのはいつの日か!

2014/10/17

hana

表紙を見てもわかる通り、「こんなむさくるしい男どもの話、はもうこの巻でやめよう」。と思いながら血みどろの戦いに耐えていたのですが、最後の最後に思わぬ真実が!! 次も読まねばならぬか・・・。はぁ~菊池の存在がどうしても受けいられぬ。

2017/07/10

シナモン

キマイラ化の止まらない大鳳。そしてキマイラ化の秘密を探る面々。今巻ではあまり大きな戦いはありませんでしたが、ラストで巫炎の口から驚きの言葉が!個人的には龍王院弘の復活を希望します。もっと登場人物が戦い乱れる様を読みたいっす。

2012/10/07

S.F.River

高校のころ夢中で読んだ。5.0

感想・レビューをもっと見る