読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キマイラ 8 群狼変・昇月変 (ソノラマノベルス)

キマイラ 8 群狼変・昇月変 (ソノラマノベルス)

キマイラ 8 群狼変・昇月変 (ソノラマノベルス)

作家
夢枕獏
寺田克也
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-05-20
ISBN
9784022738462
amazonで購入する Kindle版を購入する

キマイラ 8 群狼変・昇月変 (ソノラマノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

『群狼変』と『昇月変』を収録したソノラマノベルズ版『キマイラ』8巻。前巻から引き続き、過去の物語が続く。橘瑞超の『辺境覚書』が終わったと思いきや、息を吐く間もなく、能海寛の『西域日記』が始まる。長い長い過去の物語は、未だ大陸に留まったままだ。しかも、まだ終わりが見えない。枚数と時間をたっぷりと掛け、主人公達を放置しても夢枕獏が描こうとしているのは、キマイラの謎である。キマイラとはなんなのかをきちんと描かなければ、先に進めないとする、夢枕獏の小説家としての覚悟がここからは伝わってくる。

2018/04/23

hana

話があちらこちらに飛んでて、一気に読まないと一切を忘れてしまいそう。でも続けて読むのには、ちょっと体力のいる物語なのよね。

2017/10/16

pochi_kuma

朝日ソノラマ文庫でどこまで読んでいたのか、時間が経ちすぎてよくわからなくなっていた。おそらくこの辺だろうとあたりをつけて読み始めました。かつて読んでいたようですが細部を忘れているので問題無し。このままラストまでお願いします。2015-60.

2015/12/22

S.F.River

高校のころ夢中で読んだ。5.0

Ranko Taguchi

98

2008/10/16

感想・レビューをもっと見る