読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔人譚偵 夜凪砂傷那(まじんたんてい よなぐさきずな) (朝日ノベルズ)

魔人譚偵 夜凪砂傷那(まじんたんてい よなぐさきずな) (朝日ノベルズ)

魔人譚偵 夜凪砂傷那(まじんたんてい よなぐさきずな) (朝日ノベルズ)

作家
寺田 とものり
C-SHOW
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-05-20
ISBN
9784022739414
amazonで購入する

魔人譚偵 夜凪砂傷那(まじんたんてい よなぐさきずな) (朝日ノベルズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

akiu

大正伝奇浪漫小説。「大震災が起きなかった、終わらない大正」という舞台設定は面白いと思いました。助詞を少なめにした個性的な文体は好きですが、もう少しメリハリがあった方が読みやすい気がします。物語はものすごくストレートな友情モノ。TRPG 出身の人ってこういう展開を(良い意味で)臆面無く出してくる印象がありますの。今後は各キャラの設定も気になりますが、世界設定を活かしたお話にも期待したいです。

2010/12/29

ユイ

タイトルだけはものすごく好みだったんですが。ヨネの様な人に迷惑かけても何とも思わんような人はどうにも好きになれないのとだまして働かせるというのがだめでした。

2010/09/29

よる

まじんたいていと聞いて(ry。設定は怪人魔人大正時代と色々とおいしかったのだけど、典型的なラノベ文章で若干読みづらかった…まだ謎が残っているので続きちょっと期待。

2010/06/19

ma-no

「西尾維新・那須きのこ以後」の、イマドキのライトノベルの文章ですね。乙女の恋と友情が厭味なく描かれていて、じつはビーンズ文庫やビーズログ文庫が似合うかも?

2010/05/27

感想・レビューをもっと見る