読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪奇心霊語り光と闇のシャーマン編 (HONKOWAコミックス) (ほん怖コミックス)

怪奇心霊語り光と闇のシャーマン編 (HONKOWAコミックス) (ほん怖コミックス)

怪奇心霊語り光と闇のシャーマン編 (HONKOWAコミックス) (ほん怖コミックス)

作家
加門七海
JET
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-03-07
ISBN
9784022753229
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪奇心霊語り光と闇のシャーマン編 (HONKOWAコミックス) (ほん怖コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

シャーマンのお話が面白かったけれど、様々なものが見えたり感じられたりする人にとっては、冒涜に感じられる行為って、知らずに自分なんかやっちゃってるのかもなあ…などと思いつつ読みました。ずっと公演でお世話になっていたお寺が代が変わって、見事な木々をすべて伐採してお墓を「分譲」したときの悲しみ。ずっと祠に住みついていたニホンミツバチを駆除し、入院された神社の人もいたなあ…。怖れるということの大切さを教えてもらった気がする。

2019/04/28

☆kubo

加門さんの体験談の漫画化。シベリアのシャーマンやらトンデモ神社やら盛りだくさん。

2013/03/12

ミユ

気品あるモガの幽霊、私もあってみたい^^

2013/04/05

ミナ

虎に好かれたい。

2018/09/30

ネムコ

エッセイで読んだネタが多かったですが、映像で見るとまた違ってイイなぁ。獅子のようなモノノケや大きな白い猫。「猫怪々」のののちゃんが元気に大きくなっているのが嬉しかった。汚れてしまった聖地・寺社の話はどれも重苦しいですね。

2013/03/08

感想・レビューをもっと見る