読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

真田太平記 第3巻 (ASAHIコミックス)

真田太平記 第3巻 (ASAHIコミックス)

真田太平記 第3巻 (ASAHIコミックス)

作家
池波正太郎
細川忠孝
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-04-27
ISBN
9784022755230
amazonで購入する Kindle版を購入する

真田太平記 第3巻 (ASAHIコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ツキノ

角兵衛、源次郎の「言動にただよう揶揄が苦手」とな。この巻まで読んだら、ぜひ原作小説も読みたくなった。

2016/07/11

もぐを

面白かったぁぁぁぁ。幸村もいいけど源三郎がいいね。あとはやはりお江だ。角兵衛は不幸な匂いがする。

2016/05/08

またおやぢ

某公共放送局で現在放映中のドラマにおける扱われ方と比較をすると、かなりましだとは言え、源三郎の描かれ方には涙を禁じえない。そりゃあ昌幸ほどの実践的な軍略・知略はなかっただろうし、後の幸村である源次郎ほどの華やかさはないのかもしれないが、明治に至るまで脈々と受け継がれた真田の血筋は、源三郎の知恵や賢明さによるものが大きいはずなのに。原作を読んでいるので、そうはならないことを知りつつも、密かに源三郎の今後の活躍に期待してしまうシリーズ第3巻。

2016/05/11

感想・レビューをもっと見る