読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ペットの声が聞こえたら (HONKOWAコミックス)

ペットの声が聞こえたら (HONKOWAコミックス)

ペットの声が聞こえたら (HONKOWAコミックス)

作家
オノユウリ
塩田妙玄
出版社
朝日新聞出版
発売日
2014-08-07
ISBN
9784022758095
amazonで購入する Kindle版を購入する

ペットの声が聞こえたら (HONKOWAコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

にゃんこ

思った以上に重かった… 生命あるものと向き合う厳しさを思い知らされた気がします。 ある猫が旅立った後、この本の原作者が「もう天国についた?」と問いかけたら「天国はここでした」とその子が言ったのを感じたというシーンがあり、もう号泣でした。 この方のように、ペットの気持ちを感じられたら…と思うけど… 日々を共に過ごしていると、なんとなく分かることもあるワケで。 それだけでも、幸せだなぁって思います。

2015/11/25

ネムコ

私費で動物保護施設を開いている愛さんと、彼をお手伝いする尼僧で心理カウンセラーの妙玄さん。病気や寿命で、もうモノも食べられない猫さんに付き添うってどれだけ辛いだろう。実家に二匹の猫がいますが、いつか別れる時は、後悔の「ごめんなさい」ではなく、感謝の「ありがとう」を贈れたらと思います。そして今この時、悔いのない付き合いをしてゆかなければ、と。

2014/08/25

にがうり

はじめの数ページから号泣して、猫たちに「にゃんだ?」って怪訝そうに見られました(笑)。今まで何匹か猫を見送りましたが、3年半前に見送ったコは特別な存在で、人生の中で一番大きな出会いでした。持病だらけだった彼の老猫介護は自分のキャパを大きくオーバーしてて、今でも後悔や罪悪感ばかり。思い出すとつい「ごめんね」という感情が先に立ちますが、「ありがとう」と呼びかけたほうがよいのですね。今までに見送ったコたちのために、いずれくる次の別れのために、座右の漫画とします。

2015/03/28

ゆず

泣こうと思って買った本じゃないのに、結果、何度も泣く羽目に…(・_・; うちのわんこもあっちの世界で待っててくれてるのかな。もう常に泣いてることは無いけど、折に触れて今でも何度も思い出す。またわんこ飼いたい。

2014/08/31

suzumemyu

死に関わるお話はどうしても泣いてまう。けど読後は肩が軽くなってた。

2015/01/23

感想・レビューをもっと見る