読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 6 (HONKOWAコミックス)

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 6 (HONKOWAコミックス)

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 6 (HONKOWAコミックス)

作家
伊藤三巳華
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-03-20
ISBN
9784022758415
amazonで購入する Kindle版を購入する

スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅 6 (HONKOWAコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

伊藤三巳華さんがパワースポットを巡る旅。第六巻では壱岐島と恐山が特に印象深かったです。壱岐島は魏志倭人伝にも一支国として登場。また、古事記ではイザナギとイザナミが国生みで五番目に造った歴史ある島。古墳も280基あり魅力的です。多くの神社と歴史あり。じっくり散策したい場所になりました。そして有名な恐山。良い意味で想像と異なりました。何より宿坊体験が出来る。所謂、彼岸と此岸を結ぶ所とは思う。宿坊にお世話になると夜の恐山も散策出来ます。俗世から離れて夜の恐山を歩くと気持ちも洗われる。一度は訪れたいものです。

2021/01/09

★YUKA★

代々木八幡宮は行こうと思います☺ 白いモフモフに会いたいです?

2018/04/06

リラコ

行った事のない場所ばかりで、楽しく読めた。壱岐に行ってみたい。私も磁場の強いところはちょっと無理かも。なるほどそんな鎮め方があるのか。古代の人々まで視えるなんてミミカさん凄いな。光の柱、蛇、龍、なんとなくわかるかも。このシリーズは初めて読んだけど、大地のおおらかさや人々の希望が信仰と結びついている感じが好き。もしかして今号は特に、なのかな。そして白いモフモフ。視えるイメージと音と声と香りまで。五感で感じる第六感って凄いと思う。

2019/04/22

chatnoir

壱岐いいなぁ、日本古代史(っても200年前後なんだろうけど)のロマンがあるよねぇ。男尊女卑ではないと思いたいけど、区別がはっきりした祭祀だったんだね。  恐山、近いから行ってみたいな...イタコさんって、4,000円なんだ...お値段がわかっていると、してもらいやすいかも。  最近は禍々がなくてさみしいな(笑) ちょっとマンネリ化もしてきたか...6冊目だもんね。

2018/03/23

そうさん

壱岐に行ってみたくなった!他の方も書かれていたけれども、最近禍々が少ないのがちょっと寂しい…。

2020/10/02

感想・レビューをもっと見る