読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

視えるんです。5 (HONKOWAコミックス)

視えるんです。5 (HONKOWAコミックス)

視えるんです。5 (HONKOWAコミックス)

作家
伊藤三巳華
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-03-07
ISBN
9784022758538
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

禍々しいにもほどがある! 大人気エッセイ! 幽霊や不思議な存在が視えちゃう漫画家がたびたび遭遇する奇奇怪怪な出来事。自分にしか視えない怖い存在に時にビビり、時にパニくる著者。だが、彼らから伝わってくるメッセージは時に人間らしくて!?

視えるんです。5 (HONKOWAコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

白猫リラコ

5巻も期待を裏切らない面白さ。太宰がね、なるほどね。人吉城ね。それからウズベキスタンから始まる旅行の話もね。彼女の視えるのが本当がどうかは、本人もそれが真実とは言っていないけど、そうかもしれないし違うのかもしれない。でも何よりも今回読んでいて思ったのは、霊視どうこうは、実は人の感情を読んでいくことなんだろうなってこと。残るのも人の気持ち。脳って不思議だな。

2019/03/10

tow

どのお話しも面白い。類は友を呼ぶ的なところがとても楽しい。怪談社のお二人が最高。

2019/03/10

chatnoir

前回の発売から半年ほどで新しいのが読めて嬉しいな。太宰さん...冷たいね。コップのたとえ話は寒々しいよ。だって、完全で満ち足りたコップなんて無いと思うよ...たぶん。そう言えば、太宰さんの所のGESTが!!やっぱり容姿が娘さんと似ていて可愛らしい。ハムちゃんのお話の顛末が載っていました。生まれ変わるんだなぁ...って、思いたいな...。サーファーの話は稲川さんの実話と思ってたけど...違うのかな??郷内さんが手あましした人形の顛末も面白かった。

2019/03/18

どあら

妹から借りて読了。実話怪談は怖いです~(>o<)

2019/03/23

じょり

太宰治の話は、本当に純愛の話かと思いきや…片方の話だけ聞いて信じてしまうのはまずいといういい例かな。最後の最後にやばい女性に当たってしまったんだろう。他には、さくらちゃんの話と人吉の話も印象的でした

2019/03/18

感想・レビューをもっと見る