読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エイリアン兇像譚 (朝日ノベルズ)

エイリアン兇像譚 (朝日ノベルズ)

エイリアン兇像譚 (朝日ノベルズ)

作家
菊地秀行
中村龍徳
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-02-20
ISBN
9784022760166
amazonで購入する

エイリアン兇像譚 (朝日ノベルズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

このシリーズも長いこと続いているのに八頭大は高校生ヒーローのまんまだねえ。だからところどころの小ネタ、ギャグが親父くさいのはむしろ微笑ましい。行き当たりばったりなのに妙にまとまる展開が菊地秀行らしいというか。宇宙からやってくる剣豪というのもなかなか面白いアイデア。細かいことはあれどこのシリーズは主人公の活きのよい語りがあって、ばんばん行動が描かれればそれで良い気がする。ヒロイン太宰ゆきの出番より外谷さんいじりの方が多いのはどうかと思うが。また次回作楽しみにしてます。

2015/02/26

おかむー

このシリーズも約30年、サザエさんパターンで時代が進もうが主人公・八頭大は変わらず高校生なのですなぁ。『可もなし不可もなし』。すっかりアニメ絵になってしまった表紙にハンパない違和感を感じつつ、物語的にはテンポよく最近の菊池作品にしては比較的わかりやすくまとまった方かな。菊池作品としてはかなり久々に現代を舞台にした今作で強く感じたのは、現代のギミックを取り入れつつも会話やギャグに関してのセンスは'80年代のままなのだなということ。これが味だと受け取るべきかもしれないけれど、全体に滑稽な古臭さを感じてしまった

2015/05/01

miroku

超古代の剣豪像が斬りまくる! 八頭逆手切りさく裂!

2020/01/21

Sugar

2017/05/15 本屋で見つけて、まだやってたんかいこのシリーズ、と、思わず購入。相変わらずの荒唐無稽ぶりが楽しかった。でも、ちょっとあっさりしてたかな。ゆきちゃんもうちょっと活躍してほしい。イラストも天野喜孝のおどろおどろしてるのが好きだ。

2017/05/15

hisoka 秘

今回はチャンバラ。昔の猿顔大ちゃんなら似合わないけど表紙を見る限りヒロイックファンタジーの主人公のよう。相変わらずの露悪趣味、偽悪主義の大ちゃんですが剣豪美少女より外谷さんやマフィアの愛人モニカなどデブキャラと男に優しい気がするなあ

2015/03/01

感想・レビューをもっと見る