読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きみとあるけば

きみとあるけば

きみとあるけば

作家
伊集院静
堂本剛
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784023303300
amazonで購入する

きみとあるけば / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りす子。

もともと堂本さん目当てで読みました。言葉や考え方、生きる姿勢等を知り、彼に興味が湧いたからです。この本は伊集院さんの文章と堂本さんの絵、巻末にはお二人の対談などが載っています。お二人の飼っていた犬が同じ種類だったことから始まった連載。読んで感じたのは、お二人は似ているということ。伊集院さんの文章、初めて読みました。弱さをそれでいいと言い、悲しみを別のものに変える人だと思いました。堂本さんの絵も、素直で。私は好きです。向き合って、もがいて生きている人が。猫派の私が犬っていいな、と思う一冊でした。

2014/06/16

><

伊集院さんと剛くんの本、第1弾。きっかけは剛くんの絵を見たくて購入したけれど。伊集院さんの文章もすごく優しくて、どこか懐かしくて。とてもよかったです。

2012/04/18

ミカコ

伊集院静(文)、堂本剛(イラスト)の共著。犬を媒体にして少年時代を回顧したエッセイ。いろんな人のエッセイを読んできたけれど、読んで良かったなと思えたのは初めて。イラストに癖があるけれど、文章の邪魔をしない。二人と二匹の写真、対談、往復レター付き。

2014/10/28

ゆい

伊集院さんのエッセイに興味がわき、読んでみました。とても雰囲気がよく、さっぱりと楽しく読めます。そしてなんと、亜以須くんの話どこかで読んだなーと思っていたら、私が中学入試の国語の問題で読んだものでした。思わぬ再会!そしてキンキキッズの堂本さんはこんな絵を描くんだー!

2013/11/30

えりっく

伊集院さんの小説すら読んだコトなかったので、最初は剛の絵を見たいがために買った。思った通りかわいい絵ばかりで和んだ。2年後くらいに文章を初めて読んだけど思ったより面白くてやさしくて、買った時も読めばのに~と思った。絵はたまに見て癒されてる。

感想・レビューをもっと見る