読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

和田裕美のわくわく絵本 ぼくは小さくて白い

和田裕美のわくわく絵本 ぼくは小さくて白い

和田裕美のわくわく絵本 ぼくは小さくて白い

作家
和田裕美
ミウラ ナオコ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2009-03-06
ISBN
9784023304246
amazonで購入する

ジャンル

和田裕美のわくわく絵本 ぼくは小さくて白い / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Nobuko

図書館で感動的な絵本に出会いました。読んですぐ「これはヤバいヤツ」と恥ずかしながら、涙腺が崩壊。世界ナンバー2営業ウーマン、和田裕美さん(ご本人写真が記載、美人)の成功マインドをイラストブックにしたということです。が、子どもの頃は運動会が嫌いでいつも遅かったそうです。そんな時でもお母様の言葉はあったかいものだった。いまはこの世にはいらっしゃらないそうですが、こうやって素敵な作品ができて、裕美さんも頑張って生きていけるんだろうなぁと。いやはや、レビュー書きながらも涙が溢れます。

2021/11/24

鱒子

図書館本。綺麗でかわいい絵本です。しかし、ちょっと説教くさい感は否めない。子供より疲れた大人に向いている気がします。

2018/10/15

雨巫女。

《書店》白いペンギンくん頑張れ!!ママが、きっと見守っているよ。

2011/05/16

こばっち

ネガティブな思考をポジティブに変換するためのヒントが、かわいいイラストと単純な内容で、子どもでも感じられる優しい絵本。大人の自分が読んでも、「うんうん、そうだよなぁ」と思える。子どもの無垢な問いに愛情たっぷりに返答するお母さんの言葉の力がすごい。言葉って、本当に強いパワーがあることを改めて感じられた。小学生の道徳の教科書に取り上げられたらしいが、表面的に文章を読んで「あーかわいい!」で終わることなく、自分の気持ちや状況に置き換えて、じっくりと味わって読んでほしい内容。我が子たちにも深く読んでもらいたいな。

2018/07/14

timeturner

若くして成功した企業家の女性が書いたものらしい。自己啓発本が好きな、素直な人には受けるのかもしれないけれど、ひねくれた私は鳥肌が立っちゃう(^^;)。絵はかわいいんだけどなあ。

2014/06/02

感想・レビューをもっと見る