読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファイナンシャル・プランナーが教える 親のお金の守り方

ファイナンシャル・プランナーが教える 親のお金の守り方

ファイナンシャル・プランナーが教える 親のお金の守り方

作家
北見久美子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2012-01-20
ISBN
9784023310209
amazonで購入する Kindle版を購入する

ファイナンシャル・プランナーが教える 親のお金の守り方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はなあぶ

子供の目から見た老親のお金の守り方を書いた本ですが、私は自分が老いた時、どういう部分で周りにお世話をかけそうなのか、未来予想図をみる思いで読みました。誰にも避けられない老い、その時が来た時、自衛するにはどういうことに気をつけなければならないのか、どういう制度が利用できそうなのか、知っておけばいくらか参考になるのではと思いました。とりあえずこの本を読んで、先物取引はクーリングオフの対象外だということと、社会福祉協議会が実施しているお金を管理するサービス「日常生活自立支援事業」があることを知りました。

2016/07/23

Humbaba

お金の話というのは,家族であってもなかなかできないものである.しかし,しっかりしていると思っていた親でも,加齢によってぼけてしまう日が訪れる.取り返しの付かない状態になってから慌てるのではなく,少しずつ話し合いを進めていくことが重要である.

2012/05/09

できっこないす

親世代は預金していれば数%の利息がついたし、株価も右肩上がりだったので資産運用を考える必要が無かった。しかし、アグラ牧場はもとより、明らかに手数料が高く元本を切り崩して配当する外貨建て債券に多くの資金が集まっていることを考えると、きちんと資産運用を親子で考えないと、親の貴重なお金は守ることができないのだろう。

2012/05/06

みーちゃん

親に、もっと思いやりを持って接しようと思った。

2014/07/23

gonta2758

最近親にはつらく当たってばかり、少しは話し合いができるかも。

2012/08/06

感想・レビューをもっと見る