読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Xイベント 複雑性の罠が世界を崩壊させる

Xイベント 複雑性の罠が世界を崩壊させる

Xイベント 複雑性の罠が世界を崩壊させる

作家
ジョン キャスティ
John L.Casti
藤井清美
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-01-22
ISBN
9784023311558
amazonで購入する

Xイベント 複雑性の罠が世界を崩壊させる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モモのすけ

Xイベントとは、突如として起こる、システムを崩壊させる極端な出来事、だそうだ。ブラックスワンってことかな。ナノロボットはマイケル・クライトンの小説にもあったが実際に起こりそう。EMP爆弾は隣の国から飛んできそうだな。

2013/01/26

takao

破壊的現象が発生する

2017/05/27

明るいくよくよ人

想定外の事象に関する興味深い書籍です。読み物としての面白さを強調するためか、全体の因果関係が、完結いないところがあるのが、ちょっと残念ですが、この書籍に記載された事例をねたとして、自分なりに、xイベントの存在と意味を考えるためには、とてもよい資料です。

2013/08/14

人生ゴルディアス

『ブラック・スワン』という名著があるのに今更なにを論じるのか? と思って手に取ったのだけど、毛色が違って面白かった。著者は基本的に、バブルの崩壊やなんらかのシステムが引き起こす大事故や災害を、連動するシステム同士の複雑性ギャップの清算という概念でとらえている。たとえば一部の大金持ちが自由度の高い(複雑な)生活を営んで、大多数の貧民が自由の無い(単純な)生活を送っていると、不満が爆発して革命が起きる、みたいな。

2013/04/04

感想・レビューをもっと見る