読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カイロ団長 洞熊学校を卒業した三人 (ますむら版宮沢賢治童話集)

カイロ団長 洞熊学校を卒業した三人 (ますむら版宮沢賢治童話集)

カイロ団長 洞熊学校を卒業した三人 (ますむら版宮沢賢治童話集)

作家
ますむらひろし
宮沢賢治
出版社
偕成社
発売日
1999-10-01
ISBN
9784030148109
amazonで購入する Kindle版を購入する

カイロ団長 洞熊学校を卒業した三人 (ますむら版宮沢賢治童話集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

奥山 有為

本を読むことで想像力が養われるというが、宮沢賢治が考えながら描いた小さな生き物たちの生きる厳しい自然の世界を、童話として読むことでは読者はここまで想像し得ない。この話とはつまり、こういうことだったんだと絵によって初めて理解する。かなり忠実な漫画化です。ますむらひろしです。安心してのめり込めます。あー怖。

2012/03/07

童話的に見せかけつつ社会への厳しい視点を織り込んでいる。でも優しさも含みつつ。とても不思議な雰囲気。

2012/11/01

mame

絵がつくと、こんなに読みやすいのか。そして、なんとも言えない世界観。特に、洞熊学校を卒業した三人は、残酷さというか、絵にするとなんとも言えなかった。

2019/04/16

洞熊学校、グロい( ̄▽ ̄)でもグロいからこそいろいろと考えさせられる

2016/02/13

(o^∀^o)com

少々グロテスクな描写があった

感想・レビューをもっと見る